コンテンツへスキップ

飲食店における集客の重要性および効果的な集客アイデア8選

飲食店の売上を安定して確保するためには、集客を続けることが重要であるものの、実際にどう対応すれば良いのか困っている方もいるのではないだろうか。

そこで本記事では、集客の重要性や抑えておきたいポイント、飲食店における主な集客アイデアなどを紹介していく。

この記事を読むことで、効果的な集客に取り組む上でのヒントが分かるため、ぜひ参考にして欲しい。


飲食店における集客の重要性


飲食店の売上は、お客様の来店数に直結するため、日々の集客で新規顧客とリピーター確保に努める必要があり、売上が伸び悩んでいる飲食店はもちろん、特に開店したばかりの飲食店は集客に力を入れることが重要だ。

「料理の味さえ良ければ」と考えて、集客に力を入れていない場合は、認知度が足りずに新規顧客やリピーターを十分に確保できないことで、状況によっては安定した運営を行えなくなってしまうおそれがあるため、提供する料理へのこだわりと同じレベルで集客に集中することが望ましい。

集客の目的は、お客様のニーズに応えつつ、長期的に安定した売上を確保することであり、メニュー価格を大幅に安くする日を連発するなどの短期的な対応を取り続けると、結果的には売上が落ちることになってしまうため、どのような集客が最善なのかを十分に考える必要がある。


集客を行う上での2つの鉄則


集客の重要性を説明したが、集客を闇雲に行った場合は、十分な効果を発揮しないおそれがあるため、お客様の心理を踏まえた的確な集客を心がけることが望ましい。

この章では、集客を行う上で覚えておきたいポイントを紹介していく。

ターゲットのニーズを把握する

効果的な集客を図るためには、まずはどのようなお客様に来店して欲しいのか、そのターゲットはどういったニーズを抱えているのかなどを明確にしていくことが大切であり、ターゲットとニーズを把握していなければ、効果的な集客が行えない。

例えば、近年は1人客も増えているが、少人数向けのテーブルが確保されていない等、1人では入りづらい空間であった場合は、自店舗の一部に1人用の座席を用意したり、1人客向けのキャンペーンを行ったりするなど、ニーズに応えると良いだろう。

リピーター化を狙う

集客と言うと新規顧客の来店を狙いがちだが、新規顧客のみに限定すると次の来店に繋がらず、一過性な集客で完結しやすいため、長期的な売上を確保するためにはお客様のリピーター化を図ることが重要だ。

お客様のリピーター化を図るためには、来店頻度や時間帯、年齢層、性別、誕生日などの顧客情報を徹底的に把握したうえで、お客さまに応じた最善と考えられるアプローチをしていくと良いだろう。


飲食店の主な集客アイデア8選


ここまで集客の基礎知識を紹介したが、どのような集客の方法があるのだろうか。

この章では、飲食店における主な集客アイデアを説明していく。

SNSで情報発信する

自店舗の認知度アップを図るために、積極的にTwitterやFacebooなどのSNSで情報発信をし、より多くの方に自店舗の魅力を知ってもらおう。

SNSにキャンペーン情報やメニュー写真を投稿しても、すぐに目に見えて効果が出るとは限らないものの、毎日、地道に投稿を続ければ、徐々にフォロワーが増えていき、やがて多くの方に投稿が拡散されていくことで集客に大きな効果を見込める。

キャンペーン・イベントを実施する

新規顧客とリピーターを確保するために、ターゲットのニーズに応じたキャンペーンやイベントを定期的に開催するのも良いだろう。

人数限定の特別メニューの提供や数組中の一組に割引価格を適用するキャンペーンのほか、コラボ企画や街コンなどのイベントを開催することによって、これまでは認知されていなかった層への来店を自然に促せる。

口コミ投稿を促す

飲食店専用の口コミサイトに自店舗の情報を登録したうえで、固定客へのお願いや口コミ投稿で割引適用などを用いて、口コミの投稿を促そう。

お客様の口コミが多く集まれば、認知度アップのほか、飲食店のイメージを掴めることで来店にもつながりやすくなる。

またGoogleビジネスプロフィールに登録したうえで、口コミを投稿してもらえれば、Googleマップの検索結果で上位に表示させる施策であるMEO対策の強化にも役立つだろう。

ウェルカムボードを用意する

ウェルカムボードとは、お店の外に置く小さな看板やサインボードのことであり、おすすめメニューや予約状況、案内の言葉などを書いておく。

ウェルカムボードを設置することで、通りがかりの人に自店舗のアピールを行えるほか、来店を迷っている方に対して後押しをサポートできるため、アナログな手法だと軽く見ずに取り入れると良いだろう。

PR動画を定期的に投稿する

動画であれば、写真や文章よりもさらに自店舗の魅力をお客さまに伝えやすくなるため、店内で開催したイベントの様子や調理風景、料理のお悩みに応えるノウハウなどを動画としてアピールしていくのも1つの手だ。

動画と言うとハードルが高いと思いがちだが、スマートフォンでもある程度のクオリティの動画は撮影できるため、定期的に投稿していくと良いだろう。

SEO対策を強化する

SEO対策(検索エンジン最適化)とは、Googleなどの検索結果で自店舗サイトを上位に表示させることで検索流入を増やす対策のことであり、検索結果の1ページに表示できれば、大幅な認知度アップを期待できる。

SEO対策は、自店舗サイトありきの対応となるため、まずは自店舗の公式サイトを立ち上げた上で、「地名 + 居酒屋」など自店舗の業態に応じたキーワードで検索結果の上位になれるように取り組むと良いだろう。

デリバリーサイトに登録する

新型コロナウイルスの台頭によって、デリバリーの需要が急速に高まっており、まだデリバリーに取り組んでいない飲食店の場合は、デリバリーを始めることで新たな客層の確保&売上アップに役立つ。

結果的に集客にもつながると言えるため、売上の機会を逃さないように配達代行業者に登録したうえでデリバリーも始めてみると良いだろう。

フリーペーパーに掲載する

多くのターゲット層に自店舗を知ってもらうために、定期的にフリーペーパーに自店舗の魅力を掲載しよう。

フリーペーパーは配布エリアを決めたうえで、来て欲しいターゲット層に絞ることができるが、文字数を300~400文字程度に収める必要があるほか、掲載費用と掲載でつながる売上の費用対効果を考えたうえで取り組む必要がある。


おわりに


自店舗の売上を長期的に確保するためには、日々の集客が欠かせず、十分に力を入れていなかった場合、売上に伸び悩んでしまうおそれがある。

闇雲に集客を行うと人的・時間的コストがかかるばかりで期待していたほどの結果にならないリスクがあるため、来店して欲しいお客様とお客さまのニーズを把握したうえで、的確な集客を行うことが重要だ。

本記事を執筆したわたしたち株式会社EATASでは、飲食店の運営・開店に関するお悩みを抱えている方を少しでもサポートできればと、ノウハウを提供する記事やサービスを多数掲載中である。

飲食店の運営・開店に関する不安が少しでもある方は、ぜひアクセスしてみて欲しい。

【会社概要】
“成功のカギに出会える”飲食店向け情報プラットフォーム
株式会社 EATAS
〒106-0044
東京都港区東麻布 2-16-3 サナダビル 3F
tel: 03-5797-7760 fax: 03-3560-7556
問い合わせ先:mizumoto-k@eatas.co.jp
担当者:水元 健太

また、「食産業通信」でも店舗関係者、飲食店利用者、飲食業界の未来を創造する情報を発信していきます。

Contact  お問い合わせ

    Contact

    お問い合わせ

      Contents  コンテンツ別に記事を読む
      「食」への理解を深め、日々の生活を豊かにする情報を発信するコンテンツです。
      飲食業界の未来を創造する情報を発信するコンテンツです。
      気になるあの人に好かれたい。失敗しないお店選びなどシーン別に恋愛ストーリーをお届けします。

      Contact  お問い合わせ

        Contents

        コンテンツ別に記事を読む
          「食」への理解を深め、日々の生活を豊かにする情報を発信するコンテンツです。
          飲食業界の未来を創造する情報を発信するコンテンツです。
          気になるあの人に好かれたい。失敗しないお店選びなどシーン別に恋愛ストーリーをお届けします。

        Contact

        お問い合わせ