コンテンツへスキップ

カフェインレスコーヒーとは?贈り物と実際に飲める店舗はこちら

最近、健康志向が高まりカフェインレスコーヒーという言葉をカフェや商品でよく見かけるようになりました。

職場でもカフェインレスコーヒーを好んで飲んでいる人もいるのではないでしょうか。

よく見かける「カフェインレスコーヒー」や「ノンカフェインコーヒー」、「デカフェ」は言葉は似ているものの意味合いは異なり、カフェインの摂取が望ましくない妊婦さんが飲めるものもあります。

カフェインレスコーヒーと聞くと、味やカフェインが苦手な人でも飲めるのか、など気になることはたくさんあるかと思います。
この記事では「カフェインレスコーヒー」の情報とそのメリット、おすすめのギフト、実際に飲める店舗を紹介します。


カフェインレスコーヒーとは


冒頭で「カフェインレスコーヒー」、「ノンカフェインコーヒー」、「デカフェ」の意味はそれぞれ異なると触れましたが、おおまかに下記のようになります。

  • カフェインレスコーヒー:コーヒー豆に含まれるカフェインを焙煎の過程でなるべく少なくしたもの
  • ノンカフェインコーヒー:コーヒー豆を使用せず、カフェインを全く含まないコーヒー
  • デカフェ:もともとカフェインが入っている食材や料理からカフェインを取り除いたもの

意味は異なりますが、「カフェインレスコーヒー」と「デカフェ」はよく同義語として扱われることがあります。
カフェインの含有量で比べてみると、「ノンカフェインコーヒー」<「デカフェ」<「カフェインレスコーヒー」です。

熱に弱いカフェインはコーヒー豆の焙煎方法(浅煎り、深煎り)と抽出方法で含有量は変わり、その過程で風味や味わいも変化します。

味わいは、浅煎りは酸味が強く、深煎りは苦味が強くなりやすく、「カフェインレスコーヒー」と「デカフェ」は苦味が強くなる傾向です。
一方、「ノンカフェインコーヒー」はコーヒー豆を使用していないため、通常のコーヒーとは少し異なる味わいになります。

「カフェインレスコーヒー」のメリットは、コーヒーの風味を味わいつつカフェインの摂取を抑えられることです。
そのため、就寝前などカフェイン摂取が望ましくない場面でも、気にせずコーヒーを楽しむことができます。
さらに次章で説明するカフェインの良い部分を活かしつつ、リスクを軽減することも「カフェインレスコーヒー」は可能にしています。

一方、カフェインを全く摂りたくないという方は、「ノンカフェインコーヒー」がおすすめです。


カフェインが体に与える影響


そもそも「カフェイン」とは身体にどのような影響を与えるのでしょうか。

利尿作用があることや眠気覚ましに役立つことは知っている方も多いと思いますが、農林水産省では以下のようにカフェインを説明しています。

カフェインは、神経を鎮静させる作用を持つアデノシンという物質と化学構造が似ており、アデノシンが本来結合する場所(アデノシン受容体)にとりついてアデノシンの働きを阻害することにより神経を興奮させます。
引用:農林水産省

また、世界保健機関(WHO)では、”カフェインの作用が赤ちゃんの睡眠障害などを引き起こす可能性があるため、妊婦さんや母親がコーヒーを摂取する量を1日3〜4杯までにするべき”と発表しています。
参考:WHO Healthy Eating during Pregnancy and Breastfeeding,Booklet for mothers,2001

カフェインについて知ることで、自身にどのような影響が出るのか把握し、過剰な摂取は控えたほうが良いでしょう。

ただ、カフェインはコーヒーや紅茶など身近なものに含まれていることが多いです。
コーヒーが好きだけどカフェインの摂取は抑えたいという方は、これから紹介する「カフェインレスコーヒー」に注目してみてはいかがでしょうか。

カフェインが苦手な方や摂取を控えている方への贈り物としてもおすすめです。


カフェインレスコーヒーのおすすめギフト


健康志向が高まり、カフェインレスコーヒーの商品が増えている中、どれを購入したら良いか迷う方も多いかと思います。
この章では、カフェインレスコーヒーに興味がある方や妊婦さんにも贈ることができる商品を紹介します。

・おいしいカフェインレス ドリップコーヒー50P(UCC上島珈琲株式会社)

価格:2,484円(税込)
容量:50パック
購入サイト:UCC OLINE STORE
コーヒーブランドで有名なUCCが販売するカフェインレスコーヒーです。
可愛らしいパッケージで、妊娠中・授乳中の方も含め人気のある商品。
様々なECサイトから購入可能です。

・マウントハーゲン オーガニック カフェインレス インスタントコーヒー(株式会社キャメル珈琲)

価格:1,566円(税込)
容量:100g
購入サイト:KALDI COFFEE FARM ONLINE STORE
コーヒーと輸入商品を販売する「KALDI COFFIE FARM(カルディ コーヒーファーム)」が販売するインスタントコーヒーです。
Mount Hagen(マウントハーゲン)はドイツにあり、オーガニックコーヒーブランドになります。
気軽に購入できるため、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

・ディカフェカフェオレのもと・ディカフェドリップバッグセット(猿田彦珈琲株式会社)

価格:3,100円(税込)
容量:500ml(デカフェカフェオレのもと)、10枚(デカフェドリップバッグ)
購入サイト:猿田彦珈琲オンラインショップ
東京を中心に人気のある猿田彦珈琲が販売するカフェインレスコーヒー(デカフェ)です。
牛乳で割るだけで作れる「カフェオレのもと」もセットになったお得なギフトセット。

カフェインレスコーヒーをネットで探すと様々な商品が目に付きますが、カフェイン含有量はもちろん、贈り先が喜びそうなブランドで探してみるのも良いかもしれません。


有名店が提供するカフェインレスコーヒー


ECサイトでは様々な商品がありますが、身近なカフェでもカフェインレスコーヒーを飲むことができます。
店舗で商品を販売していることもあるので、味を確かめてから贈り物を購入するのも良いかもしれません。

全国展開しているカフェで飲めるカフェインレスコーヒーをまとめました。

・スターバックス コーヒー

全国に1,704店舗あり、知らない人はいないほどの大手コーヒーチェーン店です。
スターバックスでは、コーヒーの注文時に「デカフェでお願いします。」と伝えるだけでカフェインレスコーヒーを飲むことができます。
通常のコーヒーよりも少し時間はかかるものの、値段に変わりはありません。
味の素AGF株式会社とドリップとレギュラーのカフェインレスコーヒーを2017年から全国販売しているため、店舗で購入可能です。
公式サイト: Starbucks Coffee Japan – スターバックス コーヒー ジャパン

・ドトールコーヒー

ドトールコーヒーも全国に1,070店舗あるため立ち寄る方も多いかと思います。
カフェインレスコーヒーは、アイス、ホット、カフェラテ、豆乳ラテ、ハニーカフェラテと種類が豊富で値段も変わりません。
ドリップコーヒーとしてもカフェインレスを販売しているため、気軽に購入できそうです。
公式サイト: 株式会社ドトールコーヒー

・コメダ珈琲店

シロノワールが有名なコメダ珈琲店は全国に916店舗あります。
コメダ珈琲店もアイスとホットのレギュラーサイズでカフェインレスコーヒーが販売されています。
ドリップのカフェインレスコーヒーを販売していますが、店舗により販売種類が異なるため確認が必要です。
公式サイト: コメダ珈琲店

味を確かめることで、より相手に合ったカフェインレスコーヒーを選べそうです。


ひと味違うノンカフェインの代用コーヒー


これまでカフェインレスコーヒーについて、おすすめのギフトや実際に飲めるチェーン店を紹介しました。
コーヒーにも様々な種類があることをご存知でしょうか。

冒頭で少しだけノンカフェインコーヒーは「コーヒー豆を使用していない」と書きました。
最後にコーヒー豆を使用していない「代用コーヒー」について紹介します。

代用コーヒーとは、コーヒー豆の代わりの食材を使ったコーヒーのことで、カフェインは含まれていません。
戦時中にコーヒーが手に入らない時に飲まれていたとされ、今では健康に気を遣う方に人気となっている商品です。

・たんぽぽコーヒー

名前の通りたんぽぽの根を乾燥させ焙煎したコーヒーです。
あまり聞かない名前ですがヨーロッパでは昔から人気があり、妊娠中の方や育児中の方がよく飲んでいるそうです。
味は普通のコーヒーと変わらず、しっかりとした苦味も感じられます。

・大麦コーヒー

こちらは大麦を焙煎したコーヒーになります。
2018年には、キリンの「世界のKitchenから」シリーズで「麦のカフェ CEBADA(セバダ)」が販売されていました。
大麦のため、濃い麦茶と感じる人もいるようです。

・大豆コーヒー

大豆農家の方が作った大豆コーヒーがふるさと納税で販売されているなど、人気の商品です。
大豆のまろやかさが引き立ち、飲みやすいコーヒーとなっています。
また、妊娠中の方にも人気のようです。

様々な素材を使った代用コーヒーが販売されているので、気になる方は調べてみるのも良いかもしれません。


おわりに


カフェインレスコーヒーは、最近の健康志向と相まって見かける機会が増えてきました。

コーヒーは好きでも、妊婦さんやカフェインが苦手な方は特に気にされているかと思います。
また普段コーヒーを飲む方にもカフェインレスコーヒーは、飲む時間帯を気にする必要がないためおすすめです。

飲める機会が増えているからこそ、自分自身や周りの方の健康を気遣い、カフェインレスコーヒーを手にしてみてはいかがでしょうか。

 

「ユカリスタ」食や人に縁(ゆかり)ある情報と、生活を豊かにする情報をお届けします。

Contact  お問い合わせ

    Contact

    お問い合わせ

      Contents  コンテンツ別に記事を読む
      「食」への理解を深め、日々の生活を豊かにする情報を発信するコンテンツです。
      飲食業界の未来を創造する情報を発信するコンテンツです。
      気になるあの人に好かれたい。失敗しないお店選びなどシーン別に恋愛ストーリーをお届けします。

      Contact  お問い合わせ

        Contents

        コンテンツ別に記事を読む
          「食」への理解を深め、日々の生活を豊かにする情報を発信するコンテンツです。
          飲食業界の未来を創造する情報を発信するコンテンツです。
          気になるあの人に好かれたい。失敗しないお店選びなどシーン別に恋愛ストーリーをお届けします。

        Contact

        お問い合わせ