• HOME
  • BLOG
  • 贈り物
  • バレンタインに愛を!手作りチョコ以外にも喜ばれるプレゼントとは!

バレンタインに愛を!手作りチョコ以外にも喜ばれるプレゼントとは!

彼氏や大切なパートナーがいる方にとっては、1年でクリスマスの次に大事な年間イベント、バレンタインの季節がやってきます。
チョコレートをお店で買ったり、自身で作ったりと何を渡すか考えている方も多いでしょう。

今回はバレンタインの由来と贈るお菓子の種類や意味、そして手作りチョコレートレシピをご紹介します。


バレンタインの由来と贈るお菓子の意味とは!


バレンタインの時季になると、お店にはチョコレートが増え、多くの人が大切な人にチョコレートをあげるでしょう。

バレンタインの由来は、ローマ帝国の時代にキリスト教の司祭・ウァレンティヌス(聖バレンタイン)が処刑された日であり、ローマの国民がお祈りする日からきています。

そして、14世紀以降「バレンタインデー」として、恋愛に結び付けられイベントが開始されました。

日本ではバレンタインにチョコレートを贈る習慣がありますが、海外ではチョコレートに限らず、花束やお菓子を恋人や家族、友達に贈ることが多く、チョコレートをあげる習慣は日本独自になります。

また、バレンタインに贈るお菓子には意味があり、その意味を踏まえた上で贈るものを変えると、より相手に喜ばれます。
渡すお菓子の意味を5つご紹介します。

①チョコレート

チョコレートの意味は「あなたと同じ気持ち」です。
意味合いとしても、恋人や友達にもあげやすく、味や種類も豊富です。

②クッキー

クッキーの意味は「友達でいよう」です。
気楽な関係のままでいようという意味になり、友達にプレゼントすることが多いようです。

③キャンディ

キャンディの意味は「あなたが好き」です。
好きな相手に贈るものとしては最適です。

④キャラメル

キャラメルの意味は「一緒にいると安心する」です。
居心地のよい相手や家族に渡すと良いでしょう。

⑤マカロン

マカロンの意味は「あなたは特別な存在」です。
高級感があり、特別なときにしか食べないため、本命の人にあげましょう。

その他にも、ドーナツ、バームクーヘン、ティラミス等にも意味があるので、あげる前にお菓子の意味を確認すると、より相手に喜ばれます。
ただ、マシュマロとグミには、「あなたのことが嫌い」という意味があるので、贈るのは控えたほうが良いでしょう。

最近ではお菓子以外のものをバレンタインに贈る傾向もあり、スキンケア、タンブラー、入浴剤やハンカチなど、あまり高価なものでなく、日常で使用できるものが喜ばれる傾向にあります。

今年のバレンタイン、いつもと違ったものを贈ることで、恋人の心をぐっと引き寄せましょう。

参考:https://d.dmkt-sp.jp/trend/shopping/79290/index.html?auth_ignore=1


チョコレートの栄養と期待される効果


バレンタインの時季になると消費量が一番多くなると言われているチョコレート。
普段から食べる方も多いチョコレートの栄養についてご紹介します。

チョコレートに含まれる成分により、心臓病や感染症、便秘などが改善されることが最近の研究でわかってきました。

なかでも、体に良い成分として注目されているのが、カカオポリフェノールです。
動脈硬化を防ぐ力や血管を広げる作用もあり、高血圧や冷え性などの予防にもなるそうです。

普段からチョコレートを1日20gほど摂るだけでも、効果が期待できるでしょう。

最近では、カカオの含有量が多いハイカカオチョコレートが多く発売されており、健康意識の高い人は購入している傾向にあります。

カカオポリフェノールの様に高い抗酸化作用をもつポリフェノールは、体内の酸化を抑制してくれるため、肌老化の防止やアレルギーの改善も期待出来ます。

他にも、食物繊維で便通を促進したり、テオブロミンで脂肪蓄積を抑制する働きまでも。

健康を意識している方は、カカオ70%以上のハイカカオチョコレートを摂取すると良いですが、食べすぎには注意しましょう。

参考:https://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/feature/130129/index.html


チョコレートの手作りレシピ


では、最後に手作りチョコレートのレシピを3つご紹介します。
市販のチョコレートも良いですが、手作りだと、想いがより相手に伝わります。

①生チョコ

生チョコにすることで、食べやすく、高級感が出ます。
材料:ミルクチョコレート、明治北海道十勝純乳脂または生クリーム、ピュアココア
詳細:https://www.choco-recipe.jp/milk/recipe/227.html

②チョコバナナ

お祭りのときによく食べるチョコバナナ。チョコだけだと物足りない方におすすめです。
材料:ミルクチョコレート、バナナ、飾り用お菓子
詳細:https://www.choco-recipe.jp/milk/recipe/013.html

③チョコプリン

少し凝った感じを出したい方におすすめです。食べやすく、食後のデザートに最適です。
材料:ミルクチョコレート、牛乳、卵、上白糖
詳細:https://www.choco-recipe.jp/milk/recipe/029.html

少し手間をかけてオリジナルチョコレートを相手に渡すと、作っているときから相手のことを想えるので、より仲良くなれる気がします。


おわりに


バレンタイン、お菓子の意味を理解して相手に渡すことで、普段よりも相手を思う気持ちが強くなるでしょう。
また、栄養面を考慮して手作りチョコレートを渡してあげても、愛情が伝わり喜ばれます。

 

「ユカリスタ」食や人に縁(ゆかり)ある情報と、生活を豊かにする情報をお届けします。

関連記事