缶チューハイは悪酔いする?楽しく飲むためには

自宅で飲む機会が増えると缶チューハイを飲むことも増えると思います。

色んな味のものから、アルコール度数の低いものから高いものまで、たくさんの種類があるので選ぶのも楽しいですよね。

ただ、缶チューハイを飲むと悪酔いするという話もよく聞きます。
なぜなのか、缶チューハイについて少し調べてみました。


缶チューハイとは


チューハイとは焼酎ハイボールの略で、焼酎の炭酸割りのことです。

ですが、明確な規定がある訳ではなく、焼酎だけでなく、ジンやウォッカなどの蒸留酒を炭酸水などで割ったアルコール飲料をチューハイを呼ぶこともあります。

缶チューハイはこのウォッカを使用しているものが多いです。
価格が安く、アルコール自体にクセが少ないため色んな割ものと相性が良いです。


なぜ悪酔いするのか


お酒を飲めば多少なりとも酔うものですが、悪酔いとはどのようなものを指すのでしょうか。

アルコールは、主に小腸で吸収され肝臓に運ばれます。その後肝臓でアセトアルデヒドという成分になり、さらに分解されて体外に排出されます。ところが、肝臓で分解できる以上のお酒を摂取すると、肝臓にアルコールやアセトアルデヒドが残り、頭痛や胃痛、吐き気など悪酔いにつながります。ですので、大量のアルコールを摂取した時に悪酔いをしやすいため、缶チューハイだから悪酔いするということは特にありません。

最近では「ストロング系アルコール飲料」もたくさん出ています。
ビールなどの通常のアルコール飲料の平均度数が5%程度なのに比べて、ストロング系チューハイは9%以上が基本です。

チューハイはウォッカなどを使用し、酸味や甘味を調整する事でとても飲みやすくしてあります。ストロング系チューハイは手軽に買えて素早く酔えるのが人気ですが飲み過ぎには注意が必要です。


缶チューハイの度数について


手軽に買える缶チューハイですが、様々なアルコール度数のものが売っています。自分の気分や飲み応えなどで選んでみてはいかがでしょうか。

低アルコール飲料:アルコール度数3%
お酒にあまり強くない人でも飲め、女性からの支持も高いです。
食前酒や、食後のデザートとしても楽しめるような甘いものも多くあるため、甘口のカクテルを楽しむ感覚で飲めるのが特徴となります。

通常のチューハイ:アルコール度数5〜8%
スーパーやコンビニでよく見かけるもので、発売当初から缶チューハイスタンダードとして人気。すっきり飲みやすい味わいと、ほどよい飲み応えが特徴。

ストロング系アルコール飲料:アルコール度数9%~12%
パンチの効いた飲み応えが特徴。クセのない飲みやすさで、手軽に酔えることで人気が出ている。


楽しく飲むために


缶チューハイを楽しむためにも悪酔いはしたくないですよね。どうしたら悪酔いせずに飲めるのか。いくつか紹介します。

・水分補給をする

お酒を飲むときには、水分を事前にしっかりと補給しておくことが大切です。水分不足で体がカラカラの状態では、入ってきたアルコールを過剰に吸収してしまう可能性があります。水分の足りない血液はドロドロと流れが悪くなり、体内にアルコールが長く留まってしまう原因になります。

また、お酒には強い利尿作用があり、飲んだ量以上の水分を尿として排出してしまうので脱水状態になりやすいです。さらにアルコールを分解するのに水が必要なので体内に水分が足りていないとアルコールが分解されずに残ってしまいます。それを防ぐためにも水を飲みながら飲むことをおすすめします。

・一緒に食事をする
お腹に何か入れておくのも良いです。胃に物が入っているとアルコールの吸収が遅くなります。空腹で飲むよりも何か食べてから、また飲んでる時もアルコールだけではなく食事をしながら飲むと良いです。

・グラスにうつして飲む
缶チューハイなので缶のまま飲む方も多いと思いますが、自宅で飲むならグラスにうつして飲むと良いです。氷を入れたグラスに注げば見た目もよく、どの程度飲んだかもすぐに分かります。また缶で飲んだ時よりも飲んだ満足度があると思います。


おわりに


せっかく楽しく飲んでいても悪酔いしてしまうと台無しです。自分好みの缶チューハイで自分のペースで飲んで楽しみましょう。

関連記事