• HOME
  • BLOG
  • 合コン
  • 飲み会の席で男性をキュンとさせる可愛い酔い方、ドン引きさせる酔い方

飲み会の席で男性をキュンとさせる可愛い酔い方、ドン引きさせる酔い方

女性のみなさん、飲み会の席に良いなと思う男性がいたらどうしますか。
好みの男性がいたら、かわいいなと思ってもらいたいですよね。

ですが、飲み会の席は楽しくて、ついついたくさん飲んで酔っ払うこともあると思います。
飲みすぎて、泥酔してしまうのは、、、さすがにドン引きされてしまいますよね。

では、飲み会の席でかわいいなと思われる女性とはどんな人なんでしょうか?
今回は、男性がキュンとする可愛い酔い方と、男性からドン引きされる酔い方をご紹介します。
可愛いだけでなく、悪く思われてしまうということも覚えておきましょう。


可愛い酔い方とは?


まずは、どんなふうに酔うと可愛いと思われるのでしょうか。
いくつか紹介します。

  • 楽しそうに笑う
    酔っている時こそ一緒にいて楽しい人が良いですよね。
    ニコニコと笑顔で話を聞いてくれる女性は男性、女性問わず人気です。

  • ゆっくり喋る、方言がでる
    お酒に酔うと舌たらずになったり、ゆっくり喋ったりする女性に男性は好印象を抱くようです。
    特に普段はテキパキと動く女性が酔った時にゆっくり喋る事でギャップをうむことができます。

    また方言が出てしまうのも男性からは可愛いと思われるようです。
    普段は隠している人もお酒の席で方言を話してみてはいかがでしょう。

  • ボディタッチが増える
    こちらは鉄板ですが、男性は女性からのボディタッチに弱いです。
    普段は恥ずかしくてスキンシップを取ることが出来ない人も、お酒の力を借りてみるのもアリだと思います。
    ただし、あまりにもベタベタしすぎると面倒臭がられる可能性もありますので注意しましょう。また、女性が他にいる場所では、女性から嫌われてしまうこともあるので、ほどほどにしましょう。
  • 眠そうにする
    お酒を飲むと体温も上がってつい眠くなってしまいがちです。
    眠そうに目がトロンとしている姿や、頑張って起きてる姿に男性はキュンとするようです。

    本当に寝入ってしまって起きないのは周りの人も困ってしまいますので注意しましょう。


ドン引きされる酔い方


酔えば男性にモテるという訳ではありません。
男性をドン引きさせてしまう酔い方をご紹介します。

  • 説教する、愚痴
    少しくらいの愚痴なら可愛いものですが、延々と話されると聞いている方も参ってしまいます。
    説教や愚痴が始まってしまうと楽しい席が台無しです。
    普段の生活でも距離を置かれてしまうことにもなりかねないので注意しましょう。
  • 言葉遣いが汚い
    暴言をはいたり、口が悪くなるのも本当はこういう子なんだと男性からはドン引きされます。
    酔って気が大きくなることもあるかと思いますが言葉遣いには要注意です。

  • トイレに立て篭もる、吐く
    飲み過ぎて吐くのは男性をガッカリさせてしまいます。
    目の前での吐かれるのももちろん困りますが、トイレに行ったまま帰ってこないとどうして良いか分からなくなります。
    吐くまで飲むのはやめましょう。

  • キス魔になる
    ボディタッチが増えるのは喜ばれますが、誰彼構わずになってしまうとドン引きされてしまいます。
    色んな人にキスしている姿を見ると軽い女性だと思われてしまいます。


酔い過ぎないためには


可愛く酔うのはもちろんですが、飲み会を楽しむためにも酔い過ぎには注意が必要です。
そのためにも出来る対策をして参加しましょう。

酔い過ぎないために出来ることを紹介します。

  • 水分をしっかり摂る
    アルコール以外の水分、特にお水をちゃんと摂りましょう。
    水分不足の状態だと余計にアルコールを吸収してしまう可能性があります。

    また胃の中が水分不足だと普段よりも胃酸が分泌されやすいので、吐き気や胃痛の原因となります。
    しっかりと水分を摂りながら飲みましょう。

  • お腹に何かいれておく
    お酒に含まれるアルコールは胃や小腸で吸収されます。
    事前に胃に物が入っている場合、お酒は食べ物の間を通ってゆっくりと小腸へ運ばれます。
    胃の中に何もないとストレートに小腸へと進んでしまうので、急激に酔っ払う原因になります。

  • 二日酔い対策のドリンクを飲む
    「タウリン」や「ウコン」の入ってるドリンクを飲むのも有効です。
    コンビニやドラッグストアなどで手軽にな手に入れられるので飲み会の前に飲んでおくと安心です。
    ただし、ドリンクを飲んだからといって酔わないわけではないので飲み過ぎには注意しましょう。

  • 適量を知っておく
    1番大事なのは、自分のお酒の適量を知っておくことです。
    このくらい飲んだら酔っ払うという基準が分かっていれば自分で気をつけることも可能です。
    きちんとセーブしながら飲むことで酔い過ぎを防げます。

おわりに


いかがでしたでしょうか?

 

楽しい飲み会の席、飲み過ぎには気をつけて可愛く酔って良い印象を残しましょう。

関連記事