お酒を飲んで顔が赤くなる人、ならない人は何が違う?

あなたは顔が赤くなる人?ならない人?


お酒を飲むとすぐに顔が真っ赤になる人がいれば、たくさん飲んでも全く顔色が変わらない人っていますよね。

お酒を飲んで、顔が赤い人は陽気で楽しい印象を受けます。
また、顔が桜色に染まっている女性を見ると、少しだけドキッとします。
ただ、顔を真っ赤にしながら更に飲もうとしている人を見かけた時は、「ほどほどにしといた方が良いのでは」と、心配になります。

一方で、顔が赤くならない人はお酒に強い印象を受けます。
また、お酒を飲んでも変わらない人は安心できますし、カッコよく感じます。
ただ、「顔が赤くない=酔ってない」という理由で、たくさんのお酒を勧められている人を見ると、心配になります。

お酒を飲んで、顔が赤くなることとお酒の強さは関係あるのでしょうか。
今回は、これらの違いや理由について紹介したいと思います。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

 

赤くなる人、ならない人、どっちの方がお酒が強い?


経験上、顔が赤くならない人の方がお酒が強い印象があります。
ただ、顔を赤くしながらもイケる口の人もいます。
果たして、どちらのタイプがよりお酒が強いのでしょうか。

調べて見たところ、お酒(アルコール)を飲んだ時に顔が赤くなったり、血圧が上がったり、冷や汗をかいたりするなどの症状を『フラッシャー』と呼びます。
そして顔が赤くなる理由は、体内でアルコールが代謝される際に発生するアセトアルデヒドが原因だそうです。

「アセトアルデヒドの作用で、顔などの毛細血管が拡張されることで顔などが赤くなります。さらに、アセトアルデヒドは交感神経の刺激作用がとても強力です。これにより脈拍が上がり、その結果として、血圧が上がり、冷や汗が出る、筋肉が緊張するなどの症状が引き起こされるのです。これがフラッシャーの原因です。さらにアルコール本来が持つ血流を促す作用も手伝って、顔の赤さが助長されるというわけです」

詳しくはこちらを参照ください。

またアセトアルデヒドは、顔を赤くするだけではなく、頭痛や二日酔いなどの原因になるともいわれています。
お酒にまつわる苦い経験をお持ちの人にとっては、憎き存在ですね。

実は、有毒なアセトアルデヒドは”アセトアルデヒド分解遺伝子”の働きによって無害化されるのですが、この”アセトアルデヒド分解遺伝子”こそ、顔が赤くなるかならないか、お酒に強いか弱いかに深く関わっているとのことです。

 

お酒に強いか弱いかを決める3つのタイプ


先ほど述べた、アセトアルデヒド分解遺伝子がお酒の強さに深く関わっており、その遺伝子のタイプによって

お酒に強い「酒豪タイプ」
全く飲めなくはないが、そこまで強くない「中間タイプ」
一切飲めない「下戸タイプ」

の3つに分けられるそうです。

「酒豪タイプ」は、お酒を飲んでも赤くならないノンフラッシャーがほとんど。
「中間タイプ」は、普段からアルコールに親しんでいない場合、顔も赤くなりやすい。
「下戸タイプ」は、酒に弱いどころか全く飲めないといった方が正しく、すぐに顔が真っ赤になってしまう。

つまり基本的には顔が赤くなる人の方が、お酒に弱い傾向にあるとのことでした。
ある調査によると日本人は「酒豪タイプ」が58%、「中間タイプ」が35%、「下戸タイプ」が7%とのことです。
(参考:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1137.html

自分がどのタイプかは検査で知ることができるので、興味ある方は検査してみてはいかがでしょうか。

ちなみに「昔はお酒に弱かったけど、飲み続けることで強くなった」という人をたまに見かけますが、お酒の許容量は遺伝的に決まっており、途中から強くなることはないとのことです。

いま顔が赤くなくても、飲酒を始めた頃、コップ1杯程度の少量のビールですぐ顔が赤くなった記憶がある人は、お酒に弱い遺伝子を持っている可能性が高いので、自分のタイプに合わせて、お酒と付き合っていくことをオススメします。

 

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事