都内からアクセス可!絶景クリスマスイルミネーション一覧はこちら!

今年も11月下旬に入り、来月にはもう年末です。

年末と言えば、クリスマス、年越し、そして正月と様々なイベントがあります。
このイベントを待ち望んでいる人もいれば、このイベントに向けてデートを企画しようとしている人も多いのではないでしょうか?

特にクリスマスデートとなると、クリスマスイルミネーションを見に行くようなデートをする人が多いと思います。
クリスマスイルミネーションはかなり都心が盛り上がっていますが、実は地方にも壮大なクリスマスイルミネーションが開催されています。

しかも、都内からもアクセスが良く、仕事帰りでもクリスマスイルミネーションを楽しめるところもあります。
今日は、地方で開催されている壮大なクリスマスイルミネーションについて書いていきます。


地方の壮大なクリスマスイルミネーション1:伊豆ぐらんぱる公園


伊豆ぐらんぱる公園は、静岡県にあるクリスマスイルミネーションスポットです。
伊豆ぐらんぱる公園のクリスマスイルミネーション「伊豆高原グランイルミ」は、体験型イルミネーションとなっています。

赤、緑、黄色とカラフルに光り輝くイルミネーションで、それで彩られた道を歩いていくようなイルミネーションです。
この「伊豆高原グランイルミ」の特徴は、とにかく壮大で、公園が丸ごとイルミネーション化します。

都内のイルミネーションでは味わえない、スケールが大きいイルミネーションを味わうことができます。
気になる営業時間ですが、11月13日から開始されていて、16:30〜21:30までオープンしています。

また、今シーズン新たに、イルミネーションの上を歩ける「ウォークオンザイルミ」エリアが登場しました。
幻想的な空間となっており、「ウォークオンザイルミ」は、『恋』をテーマに、ハートの形をした4つのデッキ毎に「星空と花」、「海と花」、「南国と花」、「夏と花」を体験することができます。

入園料は、中学生以上が1,500円、小学生以上は800円、幼児は無料です。

そして、この「伊豆高原グランイルミ」へのアクセスですが、車で「伊豆高原グランイルミ」に行く人で関西方面の方は、東名自動車道沼津ICから伊豆縦貫道自動車道、伊豆中央道、修善寺を経由して、約55kmです。
関東方面の方は、東名自動車道厚木ICから国道135号線を経由して、約85kmです。

もちろん、電車で行くことも可能です。
電車でお越しの方で、東海道新幹線・東海道本線を利用する方は、熱海駅より伊東線で伊東駅、伊東駅から伊豆急行線で伊豆高原駅まで行きます。
伊豆高原駅から東海バスで約10分、伊豆高原駅からタクシーで約10分ほど行きますと、「伊豆高原グランイルミ」に到着します。

関西方面の方だと会社後に行くのは難しいかも知れませんが、都内在勤の方であれば、仕事終わりにイルミネーションを見れるかと思います。

以下に、「伊豆高原グランイルミ」のホームページのURLを開催します。
https://granillumi.com/


地方の壮大なクリスマスイルミネーション2:あしかがフラワーパーク


あしかがフラワーパークは、栃木県にあるクリスマスイルミネーションスポットです。
フラワーパークということもあって、日中帯でも花や自然が楽しめる公園となっていますが、クリスマスシーズンはその花にライトアップが追加されます。

なんと言っても圧巻なのが、「光の花の庭」です。
使われている電球は、なんと500万球!
光の花の庭というコンセプトに相応しいクリスマスイルミネーションとなっています。

また、今年も新しいイルミネーションがリニューアルで登場しました。
その名も「光の花の庭」で、壮大なフラワーキャッスルが輝いて登場するそうです。
これもまた楽しみですね。

他にもきばな藤のトンネルや、光のふじのはな物語、25メートルにも及ぶクリスマスツリーがイルミネーションして登場しています。

気になる入園料ですが、イルミネーションは夜の部にあたるので、大人が1,100円、子供が600円です。

そして、あしかがフラワーパークへのアクセスですが、車でお越しの方で、東北自動車道を使う場合は、佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面へ約18分進行すると到着します。
また、北関東自動車道を使う場合は、いくつかありますが、都内から行く場合には、足利ICより、国道293号を経由し、県道67号を佐野方面に約15分進行すると到着します。

ちなみにですが、あしかがフラワーパークには広大な駐車場があるので、都内で心配するような駐車場問題は発生しないので、安心して車で行くと良いかと思います。

電車を利用する方は、さらに最適で簡単です。
JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅を降り、そこから徒歩3分で到着します。

このあしかがフラワーパークも都内からですと2時間もかからないので、仕事帰りに十分行けるイルミネーションスポットです。

以下に、「あしかがフラワーパーク」のホームページのURLを開催します。
https://www.ashikaga.co.jp/flowerfantasy_special2021/jp/index.html


地方の壮大なクリスマスイルミネーション3:山中湖花の都公園


山中湖の花の都公園は、山梨県にあるクリスマスイルミネーションスポットです。
花の都公園はイルミネーションもすごいのですが、大きな特徴として「花火」があります。

山中湖は冬の時期になると花火を上げていますが、昨年は緊急事態宣言ということもあり、花火を実施していませんでした。

それが、今年はイルミネーションと共に花火も再開!
壮大なイルミネーションと共に見る花火は格別だと思います。

また、このイルミネーション期間中、ダイヤモンド富士が見られます。
ダイヤモンド富士というのは、富士山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象のことです。

富士山頂に太陽が重なるのは日の出と日没時になりますが、山中湖で見られるダイヤモンド富士は日没時です。
秋から冬にかけて約4ヶ月半程の期間、観測することができます。

つまり、イルミネーションを楽しむこともでき、次の日にダイヤモンド富士も堪能することができます。
これは一石二鳥ですね。

気になる、山中湖のイルミネーションスポットの入園料ですが、なんと無料です!

冬花火は日が決まっており、12/4、12/11、12/18、12/25、1/1、1/8の午後8時ごろに打ち上がります。

アクセス方法ですが、東富士五湖道路山中湖ICから5分、富士急行線富士山駅からバスで25分となっています。
都内からだと、2時間もあれば到着できるので、ここも仕事終わりにイルミネーションを見ることができますね。

以下に、「山中湖の花の都公園」のURLを記載しておきます。
http://www.hananomiyakokouen.jp/


おわりに


今回ピックアップさせていただいたクリスマスイルミネーションスポットは、東京からもアクセスしやすい場所にあります。

レンタカーで行くことも可能なので、一度検討してみてはいかがでしょうか?
また、今年2021年の12月24日は金曜日です。

宿泊も含めて、今までと変わったクリスマスデートを担当してみても良いかもしれませんね。
今までにない体験が、きっと忘れられない良い思い出になると思います。

 

「ユカリスタ」食や人に縁(ゆかり)ある情報と、生活を豊かにする情報をお届けします。

関連記事