• HOME
  • BLOG
  • 文化
  • 食欲の秋到来!食欲が増す理由と食欲を抑えるためにできること

食欲の秋到来!食欲が増す理由と食欲を抑えるためにできること

秋と言えば「食欲の秋」。
体型維持のためには食べ過ぎは抑えたいところですが、美味しいものがたくさんあってついつい食べ過ぎてしまうこともありますよね。

なぜ、食欲の秋と言われる理由と食べ過ぎを抑える方法を紹介していきます。


なぜ食欲の秋というのか



食欲の秋の由来については、諸説ありますのでいくつかご紹介します。

  • 多くの食材が旬を迎える
    主食となるお米、根菜類やきのこ、梨、ぶどうなど多くの食材が旬を迎えます。
    そのときに採れた食材はその時期に美味しく食べるという昔の人たちの考えが由来として定着したと言われています。

  • セロトニンが関係している
    セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、満腹感を与えて食欲を抑える働きがあります。
    この成分は、日光に当たる時間と比例していて、陽の光を浴びる時間が短いと減り、長ければ増えるそうです。
    秋は日照時間が短いため、セロトニンの分泌量が減るので、食欲が増えると言われています。

  • 気温の低下
    寒い環境に身を置くと、脂肪を燃焼して体温を保持しようとします。
    基礎代謝が上がればその分多くのエネルギーを消費してしまうので、失った分を補おうとして食欲が増すのです。
    空腹は、エネルギー補給を訴える体のシグナルでもあります。ダイエットをするなら冬場が最適、と言われるのもうなずけますね。

  • 涼しくなり夏バテが解消される
    暑さによる夏バテで、食欲が減ってしまった方も多いのではないでしょうか。
    秋に入ると、うだるような暑さから一変、過ごしやすい気温に落ち着くので、本来の食欲に回復することが多いです。
    よって夏バテが解消されて、食欲が増したように感じるのだと考えられます。


誘惑に負けて食べ過ぎないためにできること



食欲も増して、美味しいものがたくさんあるのでついつい食べ過ぎてしまうこともあるかと思いますが、食欲の秋だからと諦めてしまう前にできる対策をご紹介します。

  • 白湯を飲む
    水分でお腹が膨らむのはもちろんですが、体を温めることで血のめぐりがよくなるので、日常的に飲んでいれば代謝アップの効果も見込めます。ぜひ積極的に飲むことをおすすめします。

  • 噛む回数を増やす
    食べ過ぎを抑えるうえで大切なことは、早食いを防ぐことです。時間をかけてゆっくり食事をすることで、正常に満腹感を覚えて過度な食欲を抑えられます。
    早食いを防ぐために効果的なのが、ひと口で30回噛むという咀嚼(そしゃく)法。よく噛んで食べると食欲を抑える「ヒスタミン」という成分が活性化し、食べ過ぎを抑制できるとされています。

  • 食べる順番を変える
    食べる順番を、食物繊維豊富な野菜→タンパク質の摂れる肉や魚、大豆製品など→最後にご飯の順番に変えます。
    食物繊維の多い野菜やキノコ類はよく噛んで食べるので、満腹感を得やすいです。
    野菜、タンパク質おかずの順にゆっくりと食事を楽しみ、最後にご飯を、こちらもよく噛んで食べることで満足感を得られます。


秋が旬の食材を上手に摂ってダイエット



旬の食材には栄養素がたっぷり含まれています。そんな栄養たっぷりな秋が旬の食材を紹介します。

  • サンマ
    サンマには人が体内で合成できない必須脂肪酸をバランスよく持っていて、鉄分、ビタミンA、カルシウムとカルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富に含まれています。
    サンマの脂には、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすDHAやEPAなど不飽和脂肪酸が、血合いの部分には、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリンが豊富に含まれています。
    栄養素の面から一匹を綺麗に食べることが大切ですが、カロリーは100g当たり318kcalと魚の中では高めです。
    ダイエット中は刺身や塩焼きなど、調味料はシンプルな味付けがおすすめです。

  • キノコ
    エネルギー量と栄養成分もそれぞれで異なりますが、どのキノコにも共通して言えることはカロリーが低く、水分、ビタミンB1・B2・Dなどのビタミン類、カリウムなどのミネラル類、食物繊維などの成分が多く含まれているということです。
    ミネラル類であるカリウムは高血圧やむくみの予防に、キノコに含まれる食物繊維は体内の有害物質やコレステロールを体外に排出する働きがあるので、腸内環境を整える効果が期待できます。
    なんといってもカロリーが低いので、ダイエットに最適な食材として重宝します。

  • さつまいも
    さつまいもには、免疫力を高めるほか、抗酸化作用を高めるビタミンCやビタミンEが豊富に含まれます。
    また、さつまいものビタミンCは熱に強いのが特徴で、焼きいものような長時間加熱する方法でもビタミンCが壊れにくいという嬉しい性質があります。
    他にも、さつまいもには食物繊維、ビタミンB群、カリウム、カロテンなどの栄養素も多く含まれ、中でも注目したいのが、ビタミンB6の含有量です。
    ビタミンB6は、脂質の代謝を促進するほか、皮膚の抵抗力を高めたり、神経の働きを正常に保ったりする効果が期待できます。
    栄養価が高いので、ぜひおやつにも取り入れたい食材です。

  • 果物
    秋は多くの果物が旬を迎える時期です。中でも、りんご、ぶどう、柿、梨などの果物が美味しい季節。
    果物は、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で、女性には嬉しい成分が豊富です。
    ダイエット効果を高めたいなら、果物は食事の最初に食べるのがオススメです。
    なぜなら、果物は水分や食物繊維が豊富なため、消化のスピードをゆるやかにし、血糖値の急上昇を防いでくれる効果があるからです。
    また、食事での満足度を高め、腹もちをよくする効果も期待できます。


おわりに


食欲の秋と言われる色んな由来があり、食欲が増すのも気のせいではなく、ちゃんとした根拠があります。
美味しいものが多い秋だからこそ、食べ過ぎには注意しながら秋の味覚を堪能してみてください。

「ユカリスタ」食や人に縁(ゆかり)ある情報と、生活を豊かにする情報をお届けします。

関連記事