• HOME
  • BLOG
  • 嗜好品
  • 【おすすめ】海鮮と肉を一度に楽しめるお得なBBQセットとは?

【おすすめ】海鮮と肉を一度に楽しめるお得なBBQセットとは?

こんにちは!
飲食店の未来を創造する情報をお届けする「UTAGE(うたげ)」です。

新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言やまん延防止措置を継続している地域では、
今年も屋外でのバーベキューが難しい状況です。
2021年こそはバーベキューやるぞ!と意気込んでいた方々は残念に思われているのではないでしょうか。

実は株式会社YUKARIでも、ECサイトで『穣-YUTAKA-』というバーベキュー食材セットを販売しています。
普通のバーベキューとなると、友人それぞれバラバラに食材を買うため、偏りが出てしまったり、つい食材を余らせて、結果的にトータルのコストが高くなったりしてしまう経験があると思います。

YUKARIのバーベキュー食材セットは、
・7~8人分がセットになって購入が簡単!
・お肉だけでなく普段は手に取らないような新鮮な海鮮も楽しめる!

加えて、家族や友人と一緒にいつもとは違うちょっと贅沢な時間を過ごせるよう、豪華な食材をお安く簡単に楽しんでいただこうとご用意したのですが、コロナ渦が続いている中、屋外でBBQをたのしめなくなったのはYUKARIとしても残念です。

しかし、工夫次第でこの食材セットをバーベキュー以外の場面でも活用できます。そんなバーベキュー以外の活用法についてご紹介いたします。今回は、株式会社YUKARIの社会人インターン生の数名と試食会を実施しまして、そこで出た感想や意見を参考に記事を書かせていただきました。

※『穣-YUTAKA-』は、小見出し以降の文中では『YUTAKA』と呼ぶことにします。

  1. バーベキューセット『穣-YUTAKA-』とは?
  2. 気になる『穣-YUTAKA-』の見た目と味は?
  3. 『穣-YUTAKA-』のオススメの活用法とは?
  4. さいごに!

 

1.バーベキューセット『穣-YUTAKA-』とは?

『YUTAKA』とは、株式会社YUKARIが2021年6月2日からECサイト「MADOKA」で販売を開始したバーベキュー食材セットです。

このバーベキューセットの売りの一つ目は、海鮮とお肉の贅沢なセットであることです!
気になる食材の中身は、

①国産サザエ3個 150g
②国産 殻付き帆立 3個殻サイズ15cm前後
③大浅利3個 100g/個
④特大赤海老 3尾L1サイズ
⑤バチマグロカマ 400-500g
⑥牛肉チャックロール 約150g
⑦ハーブ豚肩ロース 約225g
⑧ジャークチキン 約100g×3枚
⑨クラカウアソーセージ3本

といった、なんと9種類もの食材が入っています!

バーベキューで定番の食材である、海鮮とお肉が同時に楽しめてしまう贅沢な食材セットとなっています。

また、『YUTAKA』のもう一つ売りは、なんといっても価格が超お得であることです

ECサイト「MADOKA」限定で、現在、通常価格だと7,980円のところ、特別価格の5,580円でご提供しております。
5,000円台で、海鮮と肉がこのボリューム感で楽しめるのはかなりリーズナブルです。

2.気になる『穣-YUTAKA-』の見た目と味は?

先日、実際にYUKARIのインターン生で『YUTAKA』を利用した感想をもとに、以下書かせて頂きます。

『YUTAKA』は、ECサイト「MADOKA」にアクセスし、スマートフォンを使って注文すると、数日後に発砲スチロールの白い箱が手元に届きます。
その真っ白い箱を空けた瞬間、大人も子どももワクワク感があふれ出るような見ごたえで、
中身を見るだけでもテンションが上がります。



サザエや帆立、大浅利といった貝類は、まだ生きているのかと思うほどツヤツヤで新鮮です。特大海老とマグロのカマ、そして牛肉、豚肉、鶏肉の3種類のお肉は鮮やかな赤みを帯びていて、調理をする前から食欲をそそられます。

また、気になるもは見た目だけでなく、食材の味です!
大浅利や帆立は白ワインで酒蒸しにしましたが、新鮮かつぷりっぷりで非常に美味しかったです。また、パエリアの具に使った大きな赤海老は肉厚でとてもジューシーでした。噛めば噛むほどうま味を感じて皆さん大盛り上がり。お酒もかなりすすみました。

また、3種類のお肉も歯ごたえが良く、特に牛肉チャックロールは赤ワインを加えて焼いたので、お肉の味をより引き立たせることができ、かなり好評でした。

3.『穣-YUTAKA-』のオススメの活用法とは?

『YUTAKA』が豪華でお得、かつ見た目も味も素晴らしいことをお伝えしたところで、この食材セットのオススメの活用法をご紹介します。

今回は屋外でのバーベキューができないということもあり、以下2通りの使い方をご紹介します。
①1人で食べる。
②家族に贈る。

まず①について、屋内で友人と囲んで食べることもできますが、活用次第では一人で食べきることもできます。

例えば、金曜日に『YUTAKA』が届いたとします。
金曜の夜に、まず新鮮な海鮮から食べるとして、上で紹介した白ワインの酒蒸しをしたり、普通に塩をまぶしてホットプレートで焼いて食べたり、大浅利や帆立、特大赤海老を使ってパエリアを作ったりできます。

ちなみに、パエリアは量が多くなるため、食べきれない分を翌日の朝やお昼にまわすといいですし、ドリアにリメイクして食べるのもいいと思います。

翌日土曜のは、夜にマグロのカマを食べるため、午前中に冷凍庫から取り出し、冷蔵庫に入れて解凍します。冷蔵庫に入らない場合は、水につけて解凍しておきます。

そして、土曜の夜、解凍し終えたマグロのカマに塩を振って、アルミホイルを敷いたオーブンで13~15分ほど熱します。
すると、きらびやかな脂がのったカマの塩焼きが出来上がります。

塩焼きにしたマグロのカマは、炊いたご飯にも合いますし、日本酒にもぴったりです。


また、クラカウアソーセージも同じくオーブンを使って10分ほど熱すると美味しく仕上がるので、こちらもその日に調理します。
肉汁がたっぷり入っており食べ応えのあるソーセージなので、ビールによく合います。かつ、調理後にオーブンを掃除する手間が省けるので、マグロのカマとソーセージはその日の調理をオススメします。

そして日曜日、いよいよ3種類のお肉を食べます。



お昼は、ジャークチキンを使って、チーズタッカルビを作ります。
チキンとキャベツなどの野菜をまずフライパンで炒めて、火が通ったあとピザ用のチーズを入れて熱します。
チーズタッカルビでなくても、普通の炒め物でも十分美味しいです。
こちらも量が多くなるため、タッパーなど使って作り置きしておくといいと思います。

そして夜、赤ワインを加えて牛肉チャックロールを焼いてステーキにし、ハーブ豚肩ロースは細めに切って炒めるように焼きます。
ステーキは岩塩、細かく切った豚肩ロースはわさび醤油で食べると美味しかったのです。余った料理は、作り置きして月曜日以降に食べるとして、週末から週明けにかけて、このセットを1人で食べきることができます。

 

次に②について、日ごろの感謝を込めて、ご両親やご親戚に贈るのもいいと思います。

地方でも、コロナ感染を恐れて気軽に外出できない日々が今も続いています。
お年寄りがいるご家族ですとなおさらだと思います。
ましてや、気分転換に家族や親戚が集まって、みんなで近隣の飲食店に食事しに行くことも難しい状況です。

ご近所同士の集まりもなく、孤独な毎日を過ごしているとストレスも多く抱えてしまいます。

そんな中で、遠く離れた息子や娘、孫からの豪華な食材のプレゼントは大変喜ばれます。

試食会に参加したとあるインターン生は、このあと家族に贈りますと話していました。
ホットプレートさえあれば、どの食材も簡単に調理することが可能ですし、日本酒やクラフトビールなどお酒とセットで贈るなどすれば非常に喜ばれること間違いないです。

4.さいごに


いかがでしたでしょうか。
今年の夏は引き続きコロナ渦で、屋外でのバーベキューができない分、『YUTAKA』を有効活用し、自分の時間をちょっと贅沢にしたり、遠く離れて暮らすご家族を喜ばせたりする等してみてはいかがでしょうか。

豪華な海鮮とお肉を一度に味わえるお得な食材セットを是非一度お試しください! 

関連記事