• HOME
  • BLOG
  • ○BBQ
  • BBQセット「穣-YUTAKA」を使ったアレンジレシピを紹介します!

BBQセット「穣-YUTAKA」を使ったアレンジレシピを紹介します!

梅雨も明けて、本格的な夏に入ってきましたね。
夏は海やキャンプ、BBQ等もいいですが、涼しい室内で宅飲みするも楽しいですよね。

そんな時に、通販サイト【MADOKA】が提供する、お取り寄せできるグルメセット「穣-YUTAKA」
を使ってみてはいかがでしょうか?

「穣-YUTAKA」とは、本格的な海鮮とお肉の9種類21品がセットになった豪華なBBQセットですが、実はBBQ以外に使っても非常に楽しめるメニューになっているのです。

そこで今回は、通販サイト【MADOKA】が提供する、お取り寄せできるグルメセット「穣-YUTAKA」を使い、実際に料理をしたレシピを紹介していきたいと思います。
是非参考にして頂き、屋内での食事会や飲み会を盛り上げて下さい!

穣-YUTAKAとは



「穣-YUTAKA」とは、上記でも説明した通り本格的な海鮮とお肉がセットになったBBQセットです。
上の写真は実際に開封した物になります。

種類は
①国産サザエ 3個 150g/個
②国産 殻付き帆立 3個殻サイズ15cm前後
③大浅利 3個 100g/個
④特大赤海老 3尾 L1サイズ
⑤バチマグロカマ 400-500g
⑥牛肉チャックロール 約150g
⑦ハーブ豚肩ロース 約225g
⑧ジャークチキン 約100g×3枚
⑨クラカウアソーセージ 3本
となっています。

海鮮では国産の帆立やサザエ、人気の海鮮食材の海老・大浅利・ハマチマグロのカマも揃っており、お肉はスパイスの効いたクラカウアソーセージ、ジャークチキン、ハーブ豚、さらに脂と赤身のバランスのとれた牛肉のチャックロールと、大人も子供も大満足の内容となっています。

価格も通常価格7,980円の所、【MADOKA】だけの特別価格5,580円で提供しています。

今回はこの穣を使って7種類の料理とレシピを紹介していきます。

その1 パエリア



<材料>(3~4人分)
・穣のエビ、大浅利、帆立
・にんにく…2片
・トマト缶(ホール)…1缶
・コンソメ…キューブタイプ1個
・水…800ml
・塩…3つまみ程
・米…2合
・オリーブ油…大さじ2

①フライパンにオリーブ油とにんにくいれてを中火で熱し、にんにくがきつね色になったらトマト缶をいれて、
トマトをつぶしつつ沸騰させ、水分を飛ばす。

②水分が飛び、トロッとしてきたら、えび、あさり、ホタテ、水、コンソメ、塩を入れて強火にかけ、ひと煮立ちしたらスープから魚介を取り出す。

③煮立たせたスープに米を入れて煮詰める。
時間にするとだいたい強火で6分炊き、さらに弱火にして14分かけて、おこげをつくりたい場合は仕上げに10~20秒ほど強火にかける。

※最初はスープに隠れて米は見えませんが、火を入れているうちに水分が蒸発し、米も膨らんでくるので徐々に米が見えてきます。

④魚介を戻して飾りつけをして完成です。

感想
魚介の旨味と風味が口いっぱいに広がりました。
おこげも程よくありとても美味しかったです。
作る過程でもみんな興味津々で、コミュニケーションにもつながると思います。

その2 クラカウアソーセージのオーブン焼き



<材料>
・穣のクラカウアソーセージ
・ケチャップ

①オーブンにあるもホイルを敷き、ソーセージを乗せて焼き目が付くまで加熱して完成です。
お好みでケチャップをつけて食べても美味しく召し上がれます。

感想
元々ソーセージにスパイシーな味付けがされているので、そのままでもおいしく食べれます。
オーブンで焼くことで肉汁がジュワっと広がり食べ応え十分です。

その3 牛肉チャックロールのステーキ



<材料>
・穣の牛肉チャックロール
・塩…適量
・コショウ…適量
・サラダ油…大さじ1
・赤ワイン…大さじ2

①オリーブオイルまたはサラダ油をフライパンに入れて火をつけます。
お肉は食べやすいサイズに予め切っておきましょう。

②フライパンが温まったらお肉を投入します。なるべく平らに置くようにしてください。

③1分半くらい加熱したらひっくり返します。

④さらに1分半焼き、ワインを入れてフランベします。
ガスで調理する場合は炎が出る場合があるので、十分注意してください。

⑤塩コショウをかけて完成です。
お好みでステーキソースやわさび醤油でも美味しく召し上がれます。

感想
食べ応え十分で、フランベすることで香りと旨味がギュッとされていました。
いろいろなタレでアレンジしても美味しく頂けると思います。

その4 ハーブ豚肩ロースのケチャップ炒め



<材料>
・穣のハーブ豚肩ロース
・塩…適量
・コショウ…適量
・ケチャップ…大さじ3
・コンソメの素…適量

①オリーブオイルまたはサラダ油を先にフライパンに入れて火をつけます。
お肉は食べやすいサイズに予め切っておきましょう。

②フライパンが温まったらお肉を投入します。なるべく平らに置くようにしてください。
両面に焼き目がつくまで加熱します。

③ケチャップ、コンソメの素を入れて中火で加熱します。
フタをして煮立ったら完成です。

感想
味はシンプルですがケチャップの酸味が程よくパクパク食べれました。

その5 チーズタッカルビ



<材料>
・穣のジャークチキン
・コチュジャン…大さじ2
・砂糖…大さじ1
・酒…大さじ3
・ごま油…小さじ2
・ニンニクチューブ…3cm程度
・玉ねぎ…1玉
・キャベツ…1/4個
・チーズ…好きなだけ

①ボウルにコチュジャン、砂糖、ごま油、ニンニクチューブ、酒をいれ混ぜ合わせておく。
ジャークチキンは一口大に、玉ねぎはくし切り、キャベツはざく切りにし、鶏肉から火が通りづらいものから順にフライパンに入れていきます。

②ある程度火が通ったら、タレを入れて蓋をし焦げないよう定期的にかき混ぜながら蒸し焼きにする。
ある程度火が通ったら水分を飛ばすために蓋を取る。

③火が通ったら左右に分けて真ん中にとろけるチーズを入れます。
チーズが溶けたらお皿に移して完成です。

感想
チキンに元々味付けされており、スパイスと旨味が他の食材にも移りとても美味しかった。
チーズのトロトロ具合も良かった。

その6 貝の酒蒸し



<材料>
・穣の大浅利、サザエ、帆立
・酒…貝一個に対して大さじ1.5杯
・しょうゆ…適量

①貝類は水につけて解凍しておきましょう。
鍋または深いフライパンで火にかけお酒をふり中火で蓋をします。
途中で蒸気が噴いてくるので火傷等気を付けてください。

②火が通る直前でしょうゆをたらして、蓋を戻し2、3分たったら完成です。
お好みでネギを乗せても美味しく召し上がれます。

感想
プリプリの身がふっくらと蒸されていた。
酒と醤油の香りが食欲をそそりました。

 その7バチマグロカマ



<材料>
・穣のバチマグロカマ
・塩…少量
・酒…適量

①マグロは予め冷蔵庫で解凍しておいてください。
マグロをバットにのせたっぷりのあら塩をまぶし、冷蔵庫で10分から20分水が出るまで放置します。

②マグロについているの塩を落とすように酒をふりかけます。
酒をキッチンペーパーで拭き取ります。
※ここではしっかり拭き取ること。

③オーブンシート(アルミホイル)に乗せ、オーブン200℃で30分程焼きます。
まだ熱が通っていないようでしたら都度調整してください。
熱が通ったら完成です。

感想
分厚い身がホロホロとほぐれ、塩味が抜群でお酒が進む一品でした。

実際に「穣-YUTAKA」を試してみて


どの食材もそれぞれの旨味が十分楽しめ、とても美味しかったです。
今回は上記7つののレシピを紹介しましたが、上記以外にも沢山の調理法があるので、ぜひ試してみては如何でしょうか。

お取り寄せで自宅で簡単に飲み会や食事会も企画できるので、幹事の方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事