• HOME
  • BLOG
  • 女子会
  • この夏は浴衣で楽しもう!準備のポイントと女子会、おうち縁日のススメ

この夏は浴衣で楽しもう!準備のポイントと女子会、おうち縁日のススメ

夏になると見かけることが多くなる浴衣。
花火大会や夏祭りに着ていくイメージですが、今年はイベント事も少なくなっているので、これでは着る機会は減ってしまいます。

実は浴衣を着る機会はイベント事だけではありません。
飲み会や女子会も浴衣を着てするだけでいつもと違う非日常を楽しめ、おうちでしているご飯会も夏祭りのようにするだけで楽しむことができます。

今回は、イベント以外で浴衣を着て楽しめることやおうちで楽しめる縁日について紹介します。


浴衣を着るまでに必要な準備


まずは浴衣を着る前の準備で必要なことをおさらいしましょう。

浴衣


手持ちの浴衣があればまずはそれを着てみたら良いと思います。
数年着ていなくても大きくサイズが変わっていなければ大丈夫です。
久しぶりに浴衣を出す場合は、袖を広げて天日干しをしてから使用することをおすすめします。

また、しわしわになっている場合はしっかりアイロンかけやクリーニングに事前に出しましょう。
しわしわのままではせっかくきれいに着飾っても美しさが半減してしまします。

持っていないという方は購入するか、レンタルしましょう。
今は手ごろな値段で買えるものもたくさん出ていますし、これを機に自分好みの浴衣を仕立てても良いですね。
あまり着る機会がないという方はレンタルするのも良いと思います。
着付けやクリーニング代も込みならば楽チンです。


着付け


自分で出来るといつでも好きな時に着られるので良いと思います。
最近では分かりやすい動画などもあるので、見ながら練習してみるのも一つです。
私自身も動画を見ながら練習してみましたが、意外と一人で着れました。
最後帯をきれいに直す場合は、友達や家族に手伝ってもらうとよいでしょう。

自分では出来ないという方は美容室や浴衣をレンタルしているところで着付けてもらいましょう。
慣れてる方にしっかりとやってもらうと苦しくなく、着崩れもしません。
また、帯もおしゃれな結び方をしてくれるので、友達と違った浴衣の着方ができるでしょう。

髪型


浴衣にはまとめ髪が似合います。
盛る必要はないので簡単に出来るお団子などにして、可愛い髪飾りを付ければバッチリです。

着付けと一緒にヘアセットもしてくれるところであれば頼んでしまうのも良いと思います。
やはりプロにやってもらうと崩れる心配がないのが嬉しいです。

 

浴衣でお出かけ

街中で浴衣で歩いてる人を見ると夏だなと感じますよね。
浴衣を着ていると注目は浴びますが、変な目で見られることはないので、どんどん着てお出かけしたら良いと思います。
浴衣を着ての飲み会、オススメはこちらです。

  • 女子会
    浴衣を着た女子がたくさん集まるとそれだけで華やかになります。
    さまざまな色や柄の浴衣を見られるのも醍醐味の一つです。
    普段の女子会よりも夏っぽさが増して楽しめること間違いなしです。
  • ビアガーデン
    いかにも夏!なことをするのもオススメです。
    暑い日に外で飲むお酒って美味しいですよね。
    そこにさらに、浴衣×ビアガーデンで夏度が増し増しで気分が上がります。

  • 納涼船
    こちらも夏っぽさが上がります。
    浴衣着用で割引してくれるところもあります。
    周りに浴衣着ている人がたくさんいるため、浴衣でお出かけのハードルが低くく、初めてや恥ずかしい人にはオススメです。

  • 川床
    オシャレに行くなら川床はいかがでしょうか。
    京都のイメージが強いですが、東京などでは川辺で楽しめるレストランが増えています。
    涼しげな場所で飲み会をするのも良いと思います。

 

おうちで縁日


浴衣は着たいけど外に出るのはちょっと、という方はおうちで飲み会もアリです。
準備は大変ですが、おうちで縁日やってみると楽しいです。
友人からの評価も良く、またやって欲しいと言ってもらったりします。
どうせなら思いっきりお祭りっぽくして縁日気分を楽しみましょう。

  • 料理
    たこ焼きや焼きそばなど縁日の屋台にあるような食べ物を用意すると雰囲気が出ます。
    チョコバナナやアメリカンドッグなど定番のものも喜ばれます。

    唐揚げやきゅうりの一本漬けは普通にお皿に盛るよりも串に刺すと一気に縁日気分になります。

    他にも駄菓子をたくさん用意するのもお祭り感が出ます。

    かき氷や綿あめの機械を用意して、自分たちでかき氷を削って好きなシロップをかけてもらったり、綿あめを作ったりするのも盛り上がります。
    最近では家庭用の機械が充実していますし、1日レンタルもできるので、本格的にしたい人にはレンタルがおすすめです。
  • ゲーム
    屋台にあるような射的や輪投げをするのもオススメです。
    景品のお菓子などを並べて遊びましょう。

    余裕がある方はヨーヨーやスーパーボールなど用意するとさらに夏祭り感が増します。
    景品をかけて白熱すること間違いなし!
    おうちでやるので成功するまで何度でも挑戦できるのも魅力です。

  • 飾り付け
    すだれやちょうちんを飾るといつものお部屋も縁日っぽくなります。
    祭の文字が入ってるうちわや風鈴を飾ったりするのもオススメです。
    また、お料理をあえてパックに詰めて、メニューを書いて貼るのも面白いです。

 

さいごに


今回は、イベント以外で浴衣を着て楽しめることやおうちで楽しめる縁日について紹介しました。

浴衣を着たいと言ってみると、結構賛同してくれる人が多いです。
みなさん、やっぱり花火大会だけじゃもったいないと思ってるんですね。

今年の夏は浴衣でお出かけや飲み会で浴衣を着ていつもと違う夏を楽しんでみてはいかがでしょう。


「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事