• HOME
  • BLOG
  • ○YUKARI
  • パラレルキャリア情報発信メディア「パラナビ」に弊社代表が掲載

パラレルキャリア情報発信メディア「パラナビ」に弊社代表が掲載

出典:Paranavi [パラナビ] – キャリアと私を何倍も楽しむ

2021年6月8日付で、パラレルキャリア情報発信サイト「Paranavi(パラナビ)」(以下パラナビ)に弊社代表の渡部久美子(以降、渡部と記載)が掲載されました。
本記事では、YUKARIが設立されるまでのストーリーや、渡部の仕事に対する価値観が紹介されています。
第3子出産と同時に会社を設立!「食で地域のご縁をつむぐ」YUKARI代表取締役・渡部久美子さんの挑戦

『パラレルキャリア』とは「本業を持ちながら、第二のキャリアを築くこと」です。

今や多くの方が一つの仕事に限らず、もう一つの仕事や趣味・スポーツなど、複数のことにチャレンジしており、その結果キャリアが築かれて、大きく人生を変えてきた方はたくさんいます。

そして、渡部も第二のキャリアを築いてきた一人。
今回は、渡部がどのようにパラレルキャリアを築き、YUKARIの設立に至ったのか、そしてYUKARIで仕事していて感じる魅力を、一緒に仕事をしている仲間(以降、仕事仲間と記載)の目線からより詳しくお伝えします。


パラレルキャリアと副業の違いは目的の違い


副業をする目的は金銭です。
今より収入を上げるために、複数の仕事をすることが副業になります。

パラレルキャリアは、先に述べた通り第二のキャリアを築くことですが、最初から第二のキャリアを築くことを目的としている方は少ないと思います。
自分のスキルアップや夢の実現、社会貢献などのために活動していった結果、第二のキャリアとして築かれていく形が多いと思います。
金銭についても、後から付いてくる形がほとんどです。

そのため、パラレルキャリアの始まり方は非常に多岐に渡ります。
趣味の延長線上だったり、仕事の幅を広げたり、起業するための準備だったり、NPO法人に所属したり、ボランティアをしたり、などです。

渡部は、仕事の幅を広げたタイプです。
幅を広げた結果、株式会社YUKARI(以降、YUKARIと記載)の設立に繋がりました。


パラレルキャリアの元があるから今のYUKARIがある


渡部は元々ソフトバンクで仕事をされていて、その後個人事業主としていろんなプロジェクトに携わっていました。
いずれの仕事も手を抜かず全力で取り組まれていたため、ソフトバンク社員としても、個人事業主としても、実績と成功体験を積み重ね、仕事の幅を広げてきたのではないでしょうか。

実績を積み重ねつつ仕事の幅を広げてきたからこそ、YUKARIでは立ち上げ当初から3つの事業を展開しています。
また、渡辺の仕事に対する姿勢は今もなお全力で、今では4つの事業を展開しています。
株式会社YUKARI

どの事業でもとてつもない想いを乗せて、渡部が一番動いているため、仕事仲間も一丸となって日夜行動しています。


渡部は厳しさと優しさを兼ね備えた人


渡部の魅力は、仕事に対する姿勢だけではありません。
渡部は結婚されていますが、もし家族や仕事仲間をおざなりにしていたら、付いていきたいと思うでしょうか?

パラナビにも掲載いただきましたが、渡部は「ワークとライフを分けない」ことを徹底されていました。
第3子出産と同時に会社を設立!「食で地域のご縁をつむぐ」YUKARI代表取締役・渡部久美子さんの挑戦

プロジェクトの時から、まだ小さい息子さんと一緒に行動したり、育児も家事も旦那さんと一緒にされていました。

今でも、Zoomによるミーティングが始まるまでの時間に、お子さんが顔を出して、仕事仲間と話をしたり、別部屋で旦那さんとお子さんがはしゃいでいる声が聞こえてきたりします。
また、仕事仲間のちょっとした変化に気付いたり、祝福したり、いじったりいじられたり、「くみちゃん」の愛称で親しまれています。

 

他にも、「仕事仲間からの提案や意見を大切にする」ことも魅力の一つと思います。
何か新しい案を出したり、リリースした後にも、事あるごとに「何か気付いたことや意見やなんでも良いので教えてください。」と連絡があります。

実際に提案や意見をすると、すぐにレスポンスがあり、場合によっては反映されるなど、どんどん話が進んでいきます。
「話を聞いてそれで終わりにしない」姿勢は、仕事仲間も本気で良くなるための提案や意見をするようになります。

反対意見は言いにくいものですが、「渡部ならちゃんと聞いてくれる」と思っているため、言うことができます。

 

あとは、仕事を任せる時は思いっきり任せてくれます。
責任重大で、めちゃくちゃ厳しいことも言われますが、信頼して頂いているからこそ任せてくださっていることが伝わってくるため、こちらも全力です。
もちろん、任される人は圧倒的仕事量と情熱がある人です。

私が任せていただいた時は、やり終えた後の「ありがとう!」という、たった一言が身に沁みたことを覚えています。

「私がプレゼン勝負で負けたら、いつでも代表任せるよ。」って仰っていた時はさすがにビックリしましたが、「くみちゃんの仕事量と情熱を超える人がいたら本当に任せそう。」とも思いました。


おわりに


パラレルキャリアは、これからどんどん当たり前になってくると思います。
それは、渡部のような方がこれからどんどん出てくるのと同じです。

パラナビには渡部のような方の話がたくさん載っているため、ご興味のある方はぜひご覧ください。
Paranavi [パラナビ] – キャリアと私を何倍も楽しむ

始めようと思えばいつでもパラレルキャリアは始めることができます。
ぜひ皆さんも、趣味や興味のある事に、もう一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか?

 

「UTAGE」では飲食店様の売り上げ、利益アップに貢献、地方創生に関する情報を発信していきます。
株式会社YUKARIにご興味を持たれた方はこちらの公式HPをご覧下さい。
株式会社YUKARI

関連記事