• HOME
  • BLOG
  • BtoB
  • 食品の健康度が手軽に測れるアプリ「Food Score(フードスコア)」を飲食店が先取りする方法!

食品の健康度が手軽に測れるアプリ「Food Score(フードスコア)」を飲食店が先取りする方法!

こんにちは!
飲食店の未来を創造する情報をお届けする「UTAGE(うたげ)」です。

新型コロナウィルスの蔓延により、在宅勤務が普及したり、休日でも外出を控えたりすることで、
家で食事をする機会が多くなったかと思います。
栄養バランスのいい食事やサプリメントを日々のライフスタイルに取り入れるなど、食生活に対する意識も大きく変わったのではないでしょうか?

そんな中、食品の健康度を測れるアプリとして、「Food Score(フードスコア)」が登場しました。

本日は、この「Food Score(フードスコア」が飲食業界に与える影響と、飲食店が活用する方法についてご紹介させていただきます。

 

食品の健康度を測れるアプリ『FoodScore(フードスコア)』とは?

出典:https://food-score.tech/lp

「Food Score(フードスコア)」は、アプリに搭載されているAIが、食品が健康に良いものかをA~Eの5段階で評価し、食品の健康度を「見える化」してくれる、2021年2月に公開された画期的なフードテックアプリです。

このアプリは市販で売られている食品でも、バーコードや原材料が記載された部分を撮影するだけで、健康への影響度を瞬時に判定してくれます。

健康度は以下のA~Eの5段階で判定されます。

・A:「完全無添加」
・B:「添加物が少ない食品」
・C:「普通の食品」
・D:「添加物の多い食品」
・E:「避けたほうがいい食品」

また、健康度は、下記のデータベースをもとに測定されるため信頼性が高いです。

・6年以上もの期間に収集した約7,000人の食生活や生活疾患データや、添加物の摂取と症状の関連データ(※開発元である株式会社シグナルトークがヘルスケア事業で収集したデータ)
・国内機関(日本の消費者庁や厚生労働省)が発表している添加物の人体への影響データ
・海外機関(米FDA、WHO、EU)が発表している添加物の人体への影響データ
・添加物専門家(添加物研究者:小藪浩二郎先生)の書籍情報

さらに、アプリ内で商品を調べたり、通販サイト(Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場)に移行して購入することができます。
気になる商品はブックマークするなどして、添加物の少ない食品を効率よく短時間で探したり購入することができるのが、このアプリの特徴です。

 

FoodScore(フードスコア)が今後の飲食業界へ与える影響とは?

健康への意識が高まる中、この健康度を見える化できるアプリを使えば、日頃の料理に使う食材に含まれる添加物などの関連リスクを把握でき、食材の健康度を客観的に判断することができます。

また、アプリの利用を通じてより関心を向けることになるため、飲食店で扱っている食品は果たして本当に健康にいいものかが問われる可能性があります。

飲食店としても、これまでも食品・食材を仕入れる際、健康への影響を考慮されているかと思いますが、食品の健康度の見える化が世に普及することで、提供しているメニューが健康に良いか、今まで以上に配慮することが求められることとなるでしょう。

 

「Food Score(フードスコア)」の使い方と飲食店が活用する方法!

まず、「Food Score(フードスコア)」と検索すると、ホームページが出てきますので、画面上部にある「さっそく使ってみる」をクリック!

出典:Food Score(フードスコア)

次に、フードリストが出てきますので、「キーワード」検索欄に食品や食材の名称を入力します。

出典:Food Score(フードスコア)

名称を検索すると、登録されているその食品が表示され、健康度で「ソート」することができます。
(以下は”豆腐”で検索した場合)

出典:Food Score(フードスコア)

ランクの高いA評価の食材が上位に表示され、そのままAmazonや楽天市場で購入することができます。

食材に限らず、調味料やジュース系などの商品も多く登録されているため活用の幅が広く、アプリ内ですぐに購入して手軽にメニューに組み込むことができます。

このような手順でAランク食材を調達してオリジナルメニューを作成し、
お店のメニュー表に『フードスコア A判定 オンリー』などと記載したり、食材選びにこだわっていることをSNSで発信するなど、効果的にアピールすることが可能です。

つまり、フードスコアでは、幅広いデータからAIが分析・判定をしており、より確実にお客さんへ安心と安全が提供できるお店としてブランディングの向上に活用できると考えています。
お店の集客やプロモーションに、ぜひこのアプリを導入してみてください。

結論としてやることは以下の2つです。

① アプリ内でAランクの食材を選定し、そのまま購入し、メニューに取り入れる
② 実際にAランクの食材を使ったメニューをお客さんにプロモーションする

 

おわりに

今回は、食品の健康度を「見える化」するFood Score(フードスコア)を紹介しました。

飲食店もこのアプリのように、提供しているメニューに使用している食品がどれだけ健康に配慮しているかを見える化して、お店のブランディングの向上や集客に繋げてみてはどうでしょう。

気になる方は、ぜひ一度ホームページをチェックすることをお勧めします。

Food Score 公式サイト

これからも「UTAGE」では飲食店様の売り上げ、利益アップに貢献する情報を発信していきます。

関連記事