• HOME
  • BLOG
  • 文化
  • 母の日にお酒♪ギフトを贈るより親子水入らずで飲むお薦め理由とは?

母の日にお酒♪ギフトを贈るより親子水入らずで飲むお薦め理由とは?

ようやく暖かくなってきました。
この時期ってもっと暖かかったような気がするのですが、毎年思っていることなので気のせいですね。

2021年に入ったと思ったら、あっという間にGWですよ。
GWの過ごし方については、ぜひこちらを見てほしいです♪
2021年GWの過ごし方提案♪おうち時間で掃除するメリットとは?

今回は、このGWを明けたらすぐにある、母の日について書いていこうと思いますが、母の日はいつかご存知でしょうか?
筆者自身、何度調べても覚えられなくて恐縮ですが、毎年5月の第2日曜日になります。
毎年日が違うので、直近3年間の日付を調べてみました。

  • 2021年5月9日
  • 2022年5月8日
  • 2023年5月14日

いつもGWの最終日に思い出して、母の日の贈り物を買いに行ってた気がします。
贈るだけ偉いですよね?(笑)

母の日の贈り物と言えば、皆さんは下記のようなギフトを贈ることが多いのではないでしょうか?

  • カーネーションやブリザーブドフラワー、ハーバリウムなどお花
  • ケーキやお菓子などスイーツ
  • 家電
  • コスメ
  • 手紙やメッセージ

他にもたくさんあると思いますが、母の日に母親と2人で「親子水入らずで何かする」男性の方は、少ないのではないでしょうか?
父親含めた3人で一緒に過ごすことはあるでしょうし、兄弟姉妹がいる方は、家族みんなでワイワイすることもあると思います。

そういう母の日ももちろん良いと思いますが、ぜひやっていただきたいのが、母親と2人でお酒を飲むことです。
お酒を飲めない母親でも大丈夫です。
親子水入らずで、2人で過ごす時間を取ってみてください。

なんとなく気恥ずかしいというか、若干の抵抗があるかもしれませんが、お酒の力を借りて乗り越えてほしいです♪
母親の愛情の深さや心の弱さ、新しい一面や自分とよく似てる一面、可愛らしい一面や子供の一面など、たくさんのことが知ることができるかもしれませんよ。


母の日にお酒を飲みながら話すネタはなんでもOK♪


母親と2人でお酒を飲むと言っても、何を話したら良いのか?
と思うかもしれませんが、息子から「たまには親子水入らずで飲もうよ」と言われたら、十中八九母親は喜びます。
そのため、話すネタはなんでもOKです。

なかなか話題が思いつかないという方は、下記のような内容でしょう。

  • なぜ親子水入らずで飲もうと思ったのか?
    これは確実に聞かれるので準備しておきましょう!
    普段やらないことだったらなおさらです(笑)
  • 両親の出会いについて
  • 両親が結婚した時の話
  • 父親の話
    今の父親からはわからない一面を聞けたりするかもしれません。
  • 母親自身の話
    母親の可愛らしい一面や、全然知らない一面が垣間見えるかもしれません。
  • 兄弟姉妹が生まれた時の気持ち
  • 兄弟姉妹の名前の由来
  • 兄弟姉妹の話
  • 自分が生まれた時の気持ち
  • 自分の名前の由来
  • 自分の話
  • 仕事の話
  • 普段の生活の話
  • ハマってることや趣味の話
  • 子育ての大変さや楽しさ

挙げるときりがないぐらいですので、他愛ない話をしながら、普段だったら絶対聞かないような話を振ってみてください。
父親や兄弟姉妹がいない、2人だからこそ話せるぶっちゃけトークも聞けたりするかもしれません。


父親と飲んだことはあっても、母親と飲んだことがある男性は少ない


男性の場合、社会人になり、父親と同じように働くようになって、その偉大さが身に染みてわかることが多いように思います。

そのため、父親と仕事の話をするようになり、
母親がつまみを作ってくれて、それを肴に父親と飲んだ経験がある男性は少なくないと思います。

しかし、母親とは社会人になると接点がなくなる場合がほとんどです。
仕事の話をするとしても当たり障りのない会話にしがちですし、こちらから聞くこともあまりないように思います。

育ててくれた感謝はしてるため、たまに実家に帰ったらリビングにはいるけど、話はほとんどしないのではないでしょうか。
筆者自身、家族団欒の場にはいたけど、だいたいテレビを見ながら他愛ない会話をしてました。

だったら2人で飲んでも大した話は聞けないのでは?
と思うかもしれませんが、それは父親や兄弟姉妹がいる状態だからです。

父親や兄弟姉妹がいる状態だと、父親の妻であり、兄弟姉妹の親でもあり、家族の中の母親である。
という立ち位置を取ってしまうのです。

そのため、息子:母親として1:1の関係で話すことができずに、他愛ない会話しかできなくなるのです。
これを取っ払うのが、2人で飲むということです。

飲んでみるとわかりますが、全然話が尽きません(笑)
本当はもっと息子といろんな話をしたかったんだということが、飲んでみるとしみじみ伝わってきます。

「飲んで良かったなぁ」と思えること請け合いですので、ぜひ飲んでみてください♪


母親と飲んでみて良かったと思ったこと3選♪


母の日ではなかったですが、筆者は実際に母親と飲んだことが何回かあり、その際に「飲んで良かったなぁ」と思ったことがいくつかあるので、3点ほどにまとめてお伝えしたいと思います。

  1. 自分の生い立ちがわかる
    まず一つ目が、自分の生い立ちがわかることです。
    母親は記憶の宝庫で、「よくそんな覚えてるね!」と思わず口に出してしまうぐらい、生まれた時から今までのことを覚えてくれています。
    生まれた場所や時間、状況から、幼少期の性格やエピソード、小学時代のやらかしたことや中学や高校時代のことももちろん覚えてくれています。
    また、いろんな出来事があった時の、実は嬉しかったことや悲しかったこと、後で後悔したことなども合わせて伝えてくれるので、「あぁ、あの時は母親はこんな風に思っていたんだなぁ」と知ることができます。
    母親とそっくりなところや、父親と似てるところ、両親の息子だと感じるところや、兄弟姉妹と同じところや、誰とも似ていない自分だけのことなどもわかってきます。
  2. 愛されてきたことを実感する
    二つ目は愛されてきたことを実感できることです。
    話してみると伝わってくる。と言う方が正しい表現かもしれませんが、とにかく楽しそうに話すんです。
    息子と2人で話すことが楽しくてしょうがない感じで、「愛してる」という言葉が使われなくても、愛されてることがわかります。
  3. 自分はどんな家庭を築きたいかイメージが湧く
    三つ目は、母親との話の中で家庭のイメージが湧いてきます。
    「あぁ、あの時自分だったらこんな話をするな。」とか、「自分だったらここに連れて行く。」とか思えます。
    今お付き合いしてる女性がいるいないは関係なく、妻にするとしたらこんな人が良いとか、夫として父親としてこう在ろうとか、イメージが湧いてくるのです。
    湧いてきたイメージを母親に話してみると、父親と似てるところや違うところとかも話してくれますよ。

他にも、自分が大切にしていた価値観がどこで育まれたものか発見したり、好みの変化とかもわかったりして、とても楽しいですよ。
何回か飲んでみると、同じ話も出てきますが、それはご愛敬ということで。


おわりに


いかがでしょうか?

2021年は5月9日が母の日です。
今から母親に「2人で飲みに行く?」と誘ってみてください。

どんな反応が返ってくるかドキドキしますが、きっと喜んでくれると思います。
自分の生い立ちがわかってくるので、これからの長い人生、地に足がついて過ごしていけるような、自信のようなものも湧いてきます。
ぜひいろんな話をして、いろんな話を聞いてみてください。

次回もお楽しみに♪

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事