• HOME
  • BLOG
  • 生活
  • こどもが喜ぶ「おうち時間」♪家族でワイワイできる過ごし方3選!

こどもが喜ぶ「おうち時間」♪家族でワイワイできる過ごし方3選!

「おうち時間」、「ステイホーム(STAY HOME)」。
昨年のコロナ禍から、テレビやインターネットを始めとするSNS上でよく聞くフレーズになりましたね。
外に出たくても出れない状態が続き、おうちでの色々な過ごし方をされてきたと思います。

現在は昨年ほどの深刻な状態ではないものの、まだ大手を振って外出ばかりするのは気が引けませんか?
とはいえ、ずっと家にいるのも正直飽きてきてしまったという方も少なからずいると思います。
一時的には我慢はできても、我慢が元でストレスが溜まり体調不良になっては元も子もないですよね。

また小さいこどもがいる家庭は、休日のお出かけが家族の大事なコミュニケーションだったのではないでしょうか?
それが外出しづらくなり、家族のコミュニケーションも取りづらくなってしまうのは嫌ですよね。

そこで今回、外出はまだ控えつつも、おうち時間の過ごし方を工夫して、ストレス貯めずに家族でワイワイと楽しめる方法を3つご紹介します。

 

1.思い出作りは共同作業から!こどもとと一緒にキャラ弁当を作ってみよう!


思い出作りには共同作業が最適です。
この機会に家族で何か一緒にモノを作る体験をするのはどうでしょうか。
モノ作りは作業の過程と出来上がった物の両方が楽しめます。

その中でも今回はキャラ弁を親子で作ってみるのをオススメします。
何故キャラ弁をオススメするのか、その理由をいくつかご紹介します。

・やっぱりこどもはアニメキャラや動物が好き
こどもの多くはアニメキャラや動物が好きですよね。
こどもが好きなモノを作るというのはコミュニケーションにおいて大事なことです。
特におうち時間でアニメなどを見る機会が増えていて、作りたいキャラが沢山あるかもしれませんね。

作る過程をこどもと一緒に楽しめる
キャラ弁を作るのってちょっとめんどくさいって思いませんか?
確かに普通のお弁当より手間がかかりますよね。
しかし、今回はその手間をレクリエーションとしてこどもと一緒に楽しんでみましょう。
親子クッキングという言葉もあるくらい、親子での料理はコミュニケーションとして非常に効果的です。
毎日ではなく、時間があるときにたまにこどもと遊ぶ感覚でやってみてはいかがでしょうか。

・こどもの教育、食育につながる
キャラ弁を作ることにより、楽しむだけではなく、こどもへの教育にも期待ができます。
コミュニケーションはもちろん、家のことのお手伝いする習慣がついたり、
こども自身が食に対して興味を持つことにより、成長に大事な食育を学ぶことができるでしょう。
楽しみながら学び、成長できるいい機会になると思います。

 

それでは、実際にキャラ弁を作るに当たってポイントを完結にまとめました。

①キャラクター決め

まず何のキャラクターを作るか決めましょう。
参考までにこどもに人気のキャラクターをピックアップして紹介致します。

●アニメ
ドラえもん、アンパンマン、ポケモン、鬼滅の刃、ワンピース、スヌーピー、リラックマ、トトロ、ミニオンズ、くまもん、妖怪ウォッチ、ディズニー、etc…

●動物
猫、犬、パンダ、うさぎ、etc…

最初は簡単そうなキャラクターで始めるのがキャラ弁作りの達成感を味わいやすくオススメです。
慣れてきたら色んなキャラに挑戦してみましょう。
写真を撮ってキャラ弁作りの上達の過程を後で見れるのも楽しそうですね。

②準備品

次に、キャラ弁作成にどういう物があると便利か代表的な物を一部紹介します。

  • 海苔・・・キャラを描くのに便利です。カットして使いましょう。
  • スライスチーズ・・・キャラを描くのに便利です。カットして使いましょう。
  • はさみ・・・海苔やスライスチーズをカットするのに使います。
  • ピンセットや爪楊枝・・・カットした海苔やスライスチーズを食材に貼るのに使いましょう。
  • 型抜き・・・簡単にキャラクターの形に具材をカットできる器具です。100円ショップなどにも最近は豊富にあります。

③作り方

楽しみながら作るのは大事ですが、怪我したりしないようにも気をつけましょう。
その為にも、作業分担するのをオススメします。

例えば、刃物や火を使う調理はお父さん・お母さんの担当にする。
盛り付けや、ご飯をにぎったり、刃物を使わない型抜きなどによる食材のカットは小さなこどもに任せる、など決めましょう。

また、動画を見ながら作成するのがわかりやすくてオススメです。
参考までに、こちらのYouTubeチャンネルをご紹介します。
サニスポ☆ポケット(YouTubeチャンネル)
こども向けのキャラ弁作りのチャンネルとなっていて、ポップなBGMと共に
刃物をあまり使わない簡単な作り方が多く、誰でも取り組みやすいものになっています。

 

作ったキャラ弁はそのまま食べるのもいいですし、お家の中でレジャーシート等を敷いて、ピクニック気分を出してみると雰囲気があって面白いですね。

 

2.オンラインツールでコミュニケーション!離れた家族と定期的に顔を会わせよう!


おうち時間といっても、1つの家の中だけで完結する必要はありません。
ご家庭によっては、祖父祖母と離れて住んでいたり、単身赴任、一人暮らしをしている家族がいる所も多いでしょう。
気軽に会いに行ける距離ではなかったらコミュニケーションも取りづらいですよね。

そんな離れている家族でも、Zoomを始めとするオンラインツールで顔を合わせてはいかがでしょうか。
週1や月1回でも、家族全員で時間を合わせオンラインでコミュニケーション取れるようにするのをオススメします。
こどもと一緒に作ったキャラ弁を見てもらうのも楽しそうですよね。

またお友達家族との交流を深めたり、家族でオンラインイベントに参加するのも面白いと思います。
オンラインツールを使ってお家の中だけでなく外ともつながるようにしてみましょう。

こちらにZoomの紹介記事もあるので参考にしてみてください。

簡単!最近はやりのオンライン飲み会のやり方についてまとめてみた
仕事や飲み会だけに限らない、いろいろなオンラインの可能性とは!?
使ってみよう!オンライン飲み会が面白くなるZoom機能5選
コロナ禍の冬こそ人と繋がろう!オススメの冬のオンラインイベント3選

 

3.ちょっと贅沢な食材のお取り寄せ!特別なおうち時間を過ごそう!


特別な日は外でいつもより贅沢な食事をしていたというご家庭は多いでしょう。
そういったメリハリが日常生活に彩りを与えますよね。
自粛生活が続く中でもそんな”ちょっと特別な”おうち時間を過ごすにはどうしたらよいでしょうか。

いつものご飯とは違うちょっと贅沢なお取り寄せを活用し、おうち時間での食事を特別なものにしてみましょう。
厳選された食材のみを扱っているオススメのECサイトをご紹介します。

■ECサイト名
MADOKA

■ECサイトURL
https://madoka-yukari-goen.com

MADOKAは以下の様なコンセプトで、驚きと感動を覚える美味しい食材が盛りだくさんのECサイトです。

“ちょっと特別な“おうち時間を楽しむ

MADOKAは、
食卓を囲む「円卓」の「円(まどか)」を表します

家族と食卓を囲む、いつもと違う時間
誰かと一緒に食べる、いつもより楽しい時間
ちょっと背伸びだけど、ちょっと贅沢な時間

そんな時間の食卓を彩る、
「食材」や「お料理」

人々の「ご縁」が「円」となって広がり、
笑顔溢れる食卓を創り出す商品をご提供しております

 

MADOKAには海鮮、焼き肉、焼き鳥といった豊富なラインナップがあります。
その中でも、今回はこちらの商品をオススメします。

  • カキのカンカン焼きセット(殻付きカキ16個) ¥4,309 税込

カンカン焼きという料理をご存でしょうか?
こちらの記事にカンカン焼きについて詳しく詳細しているので是非御覧ください。
☆東京カンカン市場の魅力とは?自宅でカキのカンカン焼きを楽しむ方法も紹介!

簡単に説明すると、缶いっぱいに牡蠣を詰め込んで缶ごと直火で蒸し焼きにする漁師直伝の豪快な浜料理です。
そんなカンカン焼きを、おうち時間で楽しむのにオススメのする理由をお伝えします。


・ビジュアルで楽しめてエンターテイメント性が高い

まず、缶を丸ごと蒸すという見た目が珍しくて面白いと思いませんか?
普通はフライパンや鍋などで調理することが多い中、缶のまま火にかけるという調理は特別な非日常感がありますよね。
普段おうちでの食事では体験しないエンターテイメント性を感じこどもが喜ぶこと間違いなしでしょう。


・栄養価の高い牡蠣を食べるいい機会に

牡蠣を食べる習慣が普段からあるこどもは多くはないと思います。
むしろ苦手だというこどもも多いのではないでしょうか。
しかし牡蠣は海のミルクと言われるほど栄養価が高い食材です。
今まであまり食べる機会があまりなかったり、苦手意識があったこどもも
この機会に楽しみながら食べるようになれば嬉しいですよね。

カンカン焼きいかがでしたでしょうか。
カンカン焼き以外にも素敵な商品が揃っているので、そちらも是非参考にしてみてください。

 

おわりに


今回おうち時間に彩りを与え、家族のコミュニケーションを充実させる3つの方法を紹介しました。

外出しづらい世の中だからこそのおうち時間の充実ですが、外での過ごし方には外での過ごし方の良さがあり、おうち時間にはおうち時間の良さがあると思います。
それは今の自粛中だけに限らず、以前の状態に戻っても同じはずです。
外出しやすい世の中に戻ったとしても、おうち時間での過ごしかも大事にして、外での過ごし方との両方をバランスよく活用していけたらよいのではないでしょうか。

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事