ホワイトデーのお返し、会えない時はLINEギフトを活用しよう!

今年のバレンタインはチョコレートをもらいましたか?
チョコレート以外のスイーツやお酒、小物などをもらったという方もいるかもしれませんね。

何をもらったにせよ、一ヶ月後の3月14日にはホワイトデーが待っています。
義理でも本命でも、貰ったからにはお返ししたいですよね。

ただ、コロナの影響もあって、渡したいけど会うのが難しい・・・という場合もあるでしょう。
今回は、そんなプレゼントを手渡しできない時に活用できるLINEギフトについてお伝えします。

 

1.女性が喜ぶお返しの選び方


LINEギフトの紹介の前に、まずはホワイトデーで喜ばれるお返しがどんなものか?について書いていきます。

①やはりスイーツが定番!それ以外なら消耗品がオススメ

ホワイトデーで、女性から一番喜ばれるお返しの定番はやはりスイーツです。
チョコ、ケーキ、クッキー、マカロン、プリン、マドレーヌ、フィナンシェ、バウムクーヘン、和菓子など、様々な選択肢があります。

株式会社ロッテによる、20~30代の男女500名へ実施したアンケート結果によると、働く女性のモチベーション維持には「甘いものを食べる」が1位でした。
いつの時代も女性の心を掴むのは甘いものということですね。

参考:新社会人必見!? オフィスの対人関係には“スイーツコミュニケーション”が有効?約3割の男性がお菓子の差し入れがきっかけで社内の女性と仲良くなった経験アリ

スイーツ以外では消耗品がオススメです。
例えば、紅茶、入浴剤、ハンドクリームなどは使いやすいので喜ぶ女性が多いでしょう。

逆に、アクセサリーなどは本命以外の方へは避けた方が無難ですね。

消耗品と違って残り続ける物は気持ちの重さを感じます。
義理で渡した相手から、残り続けるお返しを頂くのはプレッシャーを感じやすいです。
変に勘違いをしてほしくも無いですし、全く使わず気まずい思いをするのも嫌ですよね。

消耗品であれば残らず、使いましたで済むのでお互い変な気遣いもいりません。

②お返しの相場は1000円代でも気持ちがこもっていれば大丈夫!

次に気になるのは、お値段でしょう。
よく聞くのが、バレンタインで女性から貰った物の3倍返しがいいよという話です。
実際はどうなのでしょうか?

こちらも株式会社TOBEによる20~30代の男女1570人を対象に調査したアンケート結果によると

  • 1000円以上のお返しなら安くないと感じる女性が約54%
  • バレンタインで渡した物と同じくらいのお返しで大丈夫と感じる女性が約53%

と、大半の女性が1000円台の物でも大丈夫と感じてるようで、3倍返しの様な物を期待している割合が殆どではないようです。
また先程のロッテの調査によると、ホワイトデーで女性が感じる重要な要素は大きく分けて、値段気持ちに分かれており、その割合は

  • 値段 約21%
  • 気持ち 約89%

となっており、値段よりも気持ちの方遥かに重要視されています。
ただし、じゃあ気持ちを込めようと手作りスイーツなどにするのはコロナ禍のこのご時世では避けた方がいいでしょう。
それならちょっとした感謝の手紙を添えるとかがオススメです。

参考:新社会人必見!? オフィスの対人関係には“スイーツコミュニケーション”が有効?約3割の男性がお菓子の差し入れがきっかけで社内の女性と仲良くなった経験アリ

 

2.相手の住所不要!スマホで簡単プレゼント!LINEギフト


それでは、本題のLINEギフトについてお伝えしていきます。

ホワイトデーにお返しはしたいけれど、このコロナ禍で直接会うことが中々できない人も多いでしょう。
郵送しようにも住所を知らない場合は、ホワイトデーの為に住所を聞くの躊躇される人も多いと思います。

そんな時にオススメなのがLINEギフトです。
これは相手のLINEの連絡先を知っていれば、住所を知らなくてもプレゼントを送ることができるサービスです。
スマホ上の操作で完結するので非常に簡単です。
ギフトの種類時も豊富で、毎年バレンタインやホワイトデー特集もしています。

このサービスでギフトを送ると、そのままLINE上でメッセージのやり取りもできるので円滑にコミュニケーションが取りやすいでしょう。

また、ホワイトデー当日になって何もまだ用意していなかったと焦ったことはありませんか?
楽天などの通販の場合は、実際に相手の手元に届くまでは数日間かかることがほとんどでしょう。
しかしLINEギフトならその日から使える商品引換クーポンだったり、商品が届くのは数日後だとしても、ギフトを送ったという結果は即相手に伝わるので、ホワイトデー当日にお返ししたという気持ちが伝わります。

更に冒頭でも書きましたが、バレンタインで何も貰っていない相手だとしても、ホワイトデーにプレゼントを送るのは、好感度を上げたい相手にならありだと思います。
バレンタインを渡してない人からホワイトデーを貰ったとなるとちょっとドキっとなるのではないでしょうか。
実際に合って渡すのも悪くはないですが、それよりもLINEギフトなら貰う側も気軽に受け取れて、嬉しさもあるのでオススメです。

 

おわりに


今回は、ホワイトデーでのお返しのオススメの選び方と、LINEギフトについてご紹介いたしました。
住所を聞かなくてもプレゼントが送れるLINEギフトは、直接会えない人にホワイトデーのお返しをするのにぴったりです。

お相手に会える人も会えない人も、気持ちを形にして伝えることを大事にしていきましょう。

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事