• HOME
  • BLOG
  • 健康
  • 【女子力向上委員会】女子にとってのデブ活は?太って女性らしい体つくりを!

【女子力向上委員会】女子にとってのデブ活は?太って女性らしい体つくりを!

外出自粛を受け、おうち時間で自分磨きをしていけたらということで
シリーズ化してきた【女子力向上委員会】。

今回は、少し趣向を変えて、「女子のでぶ活(デブ活)」について記していきます。

ちなみに男性目線でのでぶ活については、こちらの記事をご覧ください。
これでモテる!?”デブ活”でガリガリからムキムキへ!男子力向上!

女性のみなさんでも「でぶ活」というワードは最近聞かれることも多いでしょう。

男子にとっての「でぶ活」は、やせてしまう方が太るために努力することを指しますが、女子にとっては「でぶ活」はダイエットしている時によく使います。

女性にとってはダイエットが永遠の課題です。
でもダイエット中でも、甘いものや炭水化物の魅力に誘惑されて、ついつい食べてしまうこともありますよね。

今回は、そんなダイエット中の女性にとっての「でぶ活」に関して書いていこうと思います。

 

ダイエット中の「でぶ活」の意味をポジティブに考えてみた



女性にとっての「でぶ活」は単純に太りたい!ということで使っているわけではありません。
どちらかというと、「でぶ活」を使うのは、ダイエット中についつい好きなものや高カロリーのものを沢山食べてしまったということに対して使われます。
ストレス発散のために好きなものを食べてしまったり、友達との付き合いでいつもより食べてしまったりすることもありますよね。
人は我慢ばかりだと逆にストレスになるので、息抜きに「でぶ活」をしていくこともよいでしょう。

そのため、『ダイエット中に食べてしまった、、』と罪悪感に苛まれて落ち込んでしまうのではなく、ポジティブにとらえてみると、逆にダイエットに効果的になることもあります。

では、どうやってポジティブにとらえてみるとよいのでしょうか?
「でぶ活」をした時に覚えておきたいポイントを3つ書きました。

①食べてしまった後に、自分が今日頑張ったことを思い出してみる
②「でぶ活」の翌日は体重計は乗らない
③食べ過ぎてしまった次の日は脂肪燃焼のチャンス!食事は腹8分目にする

 

①食べてしまった後に、自分が今日頑張ったことを思い出してみる
先ほども書きましたが、ストレス発散のために好きなものを食べてしまうことはあります。
食べることで、幸せホルモンと言われるセロトニンが放出されて、精神安定やストレスの軽減につながります。
そのため、ストレスが溜まっている時に好きなものを我慢してしまうと、逆によりストレスが溜まってしまいます。

いつも頑張っている自分のご褒美だと思って、好きなものを食べる日を作ることもよいでしょう。
「でぶ活」をした後は、自分の頑張ったこと、忙しかった自分の体をいたわる日だったとプラスに考えるとよいでしょう。

 

②でぶ活の翌日は体重計は乗らない
食べ過ぎてしまった翌日こそ自分の体重は気になりますよね。
「でぶ活」の次の日に体重計に乗ったら、体重が増えているのは当たり前です。
それで落ち込んでしまっても意味がないので、「でぶ活」翌日は体重計には乗らないをおすすめします。

炭水化物は6時間、お肉などの固いものは8時間ほど消化に要するため、無くなるまでに時間がかかります。
消化されていない状態では体重が増えているのは当然で、そのタイミングで体重計に乗ると、脳が『食べたら太る!』と覚えてしまい、ダイエットにも悪影響が及びます。

そのため、体重計に乗るなら、「でぶ活」をして食事が消化される48時間後に乗りましょう。

 

③食べ過ぎてしまった次の日は脂肪燃焼のチャンス!食事は腹8分目にする
実は「でぶ活」した次の日はダイエットに効果的に使うこともできるのです。
お腹が空いて血糖値が下がるとグルカゴンというホルモンが分泌されますが、このグルカゴンは脂肪を血中に排出する働きもあるため、脂肪分解に役立ちます。
つまり「でぶ活」した次の日は、食事を腹八分目にすることで脂肪燃焼につながり、ダイエットに効果的な日だと言えます。

しかし、注意しないといけないのが、腹八分目を心掛けるあまり食事量を減らし過ぎると満足感に欠け、余計に食べたい欲求が高まってしまいます。
そのため、食事量を減らしながらも、満足する食事にしていく必要があります。
朝食に温かい汁物を食べると、代謝が上がりやすくなり1日を活動的に過ごすことができます。
また、野菜やきのこを沢山摂ることで食物繊維が摂取でき腸内環境を整え便通にも役立ちます。

 

ダイエット中のでぶ活の注意とは?



「でぶ活」のポジティブな意味を今回書きましたが、とはいっても、「でぶ活だから大丈夫」と毎回好きなものを食べてばかりではダイエットはできません。

太ってしまう人が好きな食事は、ラーメン、白米、スイーツ、揚げ物など炭水化物ばかりです。
『まあ今日くらいはいっか。』とこの食事を毎日満腹になるまで続けているのでは、でぶの道まっしぐらです。

「でぶ活」する日は週に1回までなど決めてみるのもよいでしょう。
友達との予定が入りやすい週末は、「でぶ活」する日だと決めて、平日はしっかりダイエットに励んでメリハリをつけることで、自己管理を行っていきましょう。

また、どうしても好きなものを食べることをやめられないという人は、ダイエットの方法や食事を変えてみることをおすすめします。
食事で基礎代謝を上げることや、食べても太りにくい体つくりをしていきましょう。
そうすれば、炭水化物やスイーツなどの好きなものを食べても太りにくい体にもなっていくので、より「でぶ活」に罪悪感も感じずにできるでしょう。

この後は、そんな食べても太りにくい体つくりに関してお話ししていきます。

 

「でぶ活」しても罪悪感Oに!食べても太りにくい体つくりをしよう



まずは、太りにくい人ってどんな人でしょうか?
食べても太りにくいというだけでなく、太りにくい人は影ながら努力もしています。
まずはこの3つのどれかを取り入れてみるのもよいでしょう。

 

①ファスティングを定期的に実践している
ファスティングはダイエットというより、体調を整えるために取り入れてもよいでしょう。
胃を休める時間をつくることで、食べ過ぎた胃をいたわってあげる時間としてもおすすめです。

 

②夜ご飯は糖質に注意する
夜は寝るだけなので、カロリーを消費しにくいです。
そのため、一番気をつけたいのが、夜ご飯です。
夜ご飯は炭水化物をできるだけ控えて、たんぱく質を摂るように心がけましょう。
どうしてもラーメンが食べたいと思ったときは、お昼に食べることをおすすめします。
参考:「夜だけ低糖質ごはん」でラクに痩せるコツ

 

③水を飲む
水でもよいのですが、白湯を飲むことをおすすめします。
1日3Lがおすすめですが、そこまで飲めない人は1~2L程度はまずは飲めるようにしていきましょう。
また、それ以外で口にするとしたら、無糖のコーヒーとお茶に変えましょう。
参考:水ダイエットの本当の効果と正しいやり方

 

また、太りにくい体つくりをするために、食べる時間を変えることも大切です。
最近では8時間ダイエットといって、8時間以内に1日のすべての食事をとる食事法もおすすめされています。
これは間欠的ファスティングでもあるので、①にも当てはまります。
この食事法は、オートファジーを利用した方法です。
オートファジーによる細胞の生まれ変わりが起これば、不要なものや老廃物が一掃され、全身の細胞や組織・器官の働きが活性化し、肥満の解消はもちろん、病気になりにくく若々しい体になるのです。
参考:オートファジーとは | MBLライフサイエンス

ちなみに、空腹の時間にどうしても食べたい、となることもあります。
そんな時はナッツやヨーグルトは食べてもOKだそうです。
少量でも空腹感が和らぎ、体に必要な栄養素を補給できて腹持ちもよいので、その時は我慢せずに食べましょう。

 

おわりに


女子の「でぶ活」はいかがでしたでしょうか?

男性の「でぶ活」は太ってたくましい体になることですが、女性はダイエットをしている時に「でぶ活」という言葉を使ってスイーツや炭水化物を食べています。
食べすぎに注意も必要ですが、自分へのご褒美やストレスをためずにダイエットを継続していくためには大事なことです。

たまには自分を甘やかしながらも、好きなものを食べながらも太りにくい体つくりをしていくことも大切なので、
少しづつ生活習慣を変えていくこともよいでしょう。

女子力向上委員会では女子向けにいろんな情報を発信しています。
他の女子力向上委員会の記事もチェックしてみてください!
女子力向上委員会まとめ

 

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事