• HOME
  • BLOG
  • 健康
  • 布団の誘惑に負けないで!朝ごはんを食べて身体の芯から温まろう

布団の誘惑に負けないで!朝ごはんを食べて身体の芯から温まろう

少しずつ冬の気候へと移り変わり、朝は布団から出るのが辛くなってきました。
朝起きるのが苦手な人は、特に辛い季節ですよね。

1日のなかでも人の体温は
夜中から早朝(午前2〜6時)が最も低く、
太陽が登る時間帯(午前8〜10時)に大きく上昇し、
正午から夕方(正午〜18時)が最も高くなるそうです。
※詳しくはこちらを参照ください。

できるなら、寝起きはすぐに体温を上げて、元気よく一日を過ごしたいですよね。
そこで今回は、早く体温を上げるための方法について紹介したいと思います。

 

体温が上がると、どんな良いことがあるか


一般的に体温が高くなると、

  • 免疫力が上がる
  • 基礎代謝アップで痩せやすい身体になる
  • 新陳代謝がアップし若々しくなる
  • 脳の血行が良くなり、集中力や記憶力が向上する
  • 腸の働きが活発になり、便秘や大腸がんの予防になる

など、良いことがたくさんあるといわれています。

そして風邪は体温が最も低くなる時間帯、眠っている間にひくことが圧倒的に多いそうです。
(参考:風邪をひくのは睡眠中 免疫低下に加湿&安眠で対抗

だからこそ日々を元気に過ごすためにも、身体を温かく保つことが大切です。
特に一日で最も体温が低い朝こそ、体温を上げるように気をつけましょう。

 

しっかりと朝ごはんを食べて、身体をホカホカにしよう


朝に体温を上げるための方法としては、

  • 運動(ウォーキング、ジョギング、筋トレなど)をする
  • 朝ごはんを食べる
  • 入浴、シャワーを浴びる
  • 腹巻、カイロ、湯たんぽなどを使う

などが挙げられますが、なかでも朝ごはんをしっかりと食べることがオススメです。

朝ごはんを食べる人と食べない人で比較すると、
朝7〜8時の時間帯において、朝ごはんを食べる人の体温は食べない人よりも1℃高いそうです。

また朝ごはんを食べない人は、運動して一時的に体温が上昇したとしても、エネルギー不足となり、昼食までは体温が下がってしまうとのこと。
※詳しくはこちらを参照ください。

朝ごはんをしっかりとり、内臓を直接温めることで

  • 身体を芯から温めることができる
  • 運動よりも効果的で持続的に体温が上がる

などが、朝ごはんをオススメする理由です。

身体を温める食品(熱性食品)としては、以下の食材などがあります。

(熱性食品) 身体を温める食品
ニンニク 山椒 胡椒 唐辛子 芥子 酒 ニラ 葱 ラッキョウ 生姜 パセリ 人参 カボチャ 春菊 蕗・山菜類 羊肉 鶏肉 クルミ 栗 餅 牡蠣 なまこ マグロ 鯛 鰻

(※参考:基礎代謝を1℃上げて免疫力アップ

これらの食品を取り入れて、温かな朝を迎えてみてはいかがでしょうか。

 

朝食をとって、元気に冬を乗り越えよう 


今回は、身体を温めるための方法や食品について紹介しました。

これから寒くなり、体調を崩しがちな時期だからこそ、
朝ごはんをしっかりと食べ、元気よく1日を過ごしませんか。

毎朝、バランスの良い朝食を用意するのは難しいかもしれませんが、インスタントのスープを飲むだけでも、体温は大きく変わってくるので、是非、取り入れてみてください。

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事