幹事必見!リアル飲み会とオンライン飲み会を多角的に比較してみた

今回は、従来の飲み会(以下「リアル飲み会」と記載)とオンライン飲み会について、いろいろな角度から比較してみました。

コロナの影響で一気に広がったオンライン飲み会は、飲み会の幅を大きく拡げました。
そしてリアル飲み会は、オンライン飲み会をするようになってきた今だからこそ、強みが見えてきました。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、両者にどんな違いがあるのか、幹事目線で見ていきましょう!

 


リアル飲み会のメリット・デメリット


まずリアル飲み会について、メリットとデメリットを挙げていきます。

あくまで一例であり、人によってはメリットであったり、デメリットであったりします。
相反するようなこともあります。

表1:リアル飲み会のメリット・デメリット

メリット デメリット
お店を選べる 場所が限定される
みんなで話せる お店のチョイスが難しい
美味しい食事に飲み放題 お金がかかる
待ち合わせから移動中も話せる 拘束時間が決まっている

いろいろ挙げましたが、やはりリアル飲み会の最大のメリットであり特徴は、『直接会えること』ではないでしょうか。
画面越しではなく、直接会うということだけで、目の前の方のたくさんのことを知ることができます。

空気感をはっきりと感じることができるのも、リアル飲み会ならではです。

 


オンライン飲み会のメリット・デメリット


オンライン飲み会のメリット・デメリットも挙げていきます。

こちらも人によってはメリットにもなりますし、デメリットにもなりえます。

表2:オンライン飲み会のメリット・デメリット

メリット デメリット
お金がかからない みんなで話せない
個別で話せる 場の雰囲気を活用しにくい
気軽に参加できる 自分で調達する必要がある
事前準備が少ない

いろいろ挙げましたが、オンライン飲み会の最大のメリットであり特徴は、『場所を選ばないこと』ではないでしょうか。
パソコンやスマートフォンと、Wi-Fiがあれば、いつでもどこからでも参加することが可能だからです。

望めば世界中の人と繋がることも可能なぐらい、非常に大きな可能性があるのがオンライン飲み会でしょう。

 


いざ!比較してみた!


ここからは、リアル飲み会とオンライン飲み会を比較していきます。

表3:リアル飲み会とオンライン飲み会比較

リアル飲み会 オンライン飲み会
価格 3,000円~5,000円 1,000円~3,000円
参加者 比較的近い距離の方 日本全国関係なし
お店 不要
事前準備 多い 少ない
手軽さ
話しやすさ 全員向け 個別向け
服装 全身 上半身
見た目 補正不可 補正可
料理 お店が用意 自分で用意
飲み物 飲み放題 自分で用意
ボディタッチ 不可

表1~3の通り、それぞれの飲み会に良いところがあります。

参加する側で考えると、自分が得意な方に参加するのが良いでしょう。

幹事側で考えると、どちらも開催し、ご自身でメリット・デメリットを体感すると良いと思います。
人によって体感が変わりますし、どちらの視点もあると、活かすことが増えるためです。

 


おわりに


いかがでしょうか?
それぞれ異なる良さがあるため、目的に応じて使い分けるのがおすすめです。

幹事としてどちらも開催できるようになっておくと、より効果的な飲み会を開くことができます。
また、それぞれに利点を応用することで、リアルとオンラインを統合して開催することも可能です。

筆者自身、知らないことやわからないことはたくさんあるため、
もっともっと勉強して、皆さんに有益な情報をお伝えできればと考えております。

次回もお楽しみに♪

 

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事