気を付けたい!コロナ対策の消毒除菌方法は?有効濃度って?

コロナの感染者数が全国でも拡大しており、昨今は消毒・除菌用品を持ち歩くことが必須となってきています。
自分で感染予防の対策を行うことが当たり前。
消毒・除菌用品も今はどこでも手に入るので、まだ持ち歩いていない人は用意しておくとよいでしょう。

しかし、多くの消毒・除菌用品が出ているからこそ、どれが本当にいいのか?、コロナに良いのは?
と悩んでしまいますよね。

アルコール、次亜塩素酸ナトリウム、次亜塩素酸水、ノンアルコールの除菌など
多くの消毒・除菌用品がありますが、用途によって効果のあるもの、または濃度によって効果も変わります。

今回は消毒・除菌方法と消毒薬の濃度に関してチェックしていきましょう。

Cleaning spray bottle on blue napkin over pink background. Flat lay, top view. Cleaning services concept.

 

消毒・除菌方法とは?


新型コロナウイルスに対する消毒・除菌で効果的な方法は、厚生労働省も提示しています。

新型コロナウイルス消毒・除菌方法一覧(それぞれ所定の濃度があります)

方法 モノ 手指 現在の市販品の薬機法上の整理
水及び石鹸よる洗浄
熱水 ×
アルコール消毒液 医薬品・医薬部外品(モノへの適用は「雑品」)
次亜塩素酸ナトリウム水溶液
(塩素系漂白剤)
× 「雑品」(一部、医薬品)
手指用以外の界面活性剤
(洗剤)

(未評価)
「雑品」(一部、医薬品・医薬部外品)
次亜塩素酸水
(一定条件を満たすもの)

(未評価)
「雑品」(一部、医薬品)

※薬機法上の承認を有する製品が一部あり、そのような製品は手指消毒も可能。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

石鹸による手洗いとアルコール消毒は人にもモノにも効果があります。
けれども、使用用途によって効果のあるものは異なるので、次亜塩素酸ナトリウムなどを使い分けるとよいでしょう。
アルコールよりも次亜塩素酸ナトリウム、次亜塩素酸水は安価で手に入りやすいです。
『除菌・消毒』との記載があっても、アルコール・エタノール成分を含まないものもあるので、
表記されている成分を見て購入しましょう。
また、次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は異なるので注意が必要です
次亜塩素酸ナトリウムはいわゆる塩素系漂白剤。
次亜塩素酸水は食塩や塩酸を水に溶かして電気分解したもの。
次亜塩素酸水は人体にも影響が少なく、家具や寝具、衣服などの消毒をしたいときに薄めて使用することをお勧めします。
しかし、次亜塩素酸ナトリウムは同じくモノに使用できますが、金属は錆びたり、布地は傷んだり、車のハンドルなど合成樹脂部分は変色したりすることもあるので注意しましょう。

コロナに有効なアルコールの濃度って?


実は、アルコール(エタノール)であれば、何を使っても効果があるわけではありません。
除菌・消毒には有効な濃度があります。
エタノール(アルコール)の殺菌効果の至適濃度範囲(有効範囲)はWHOと日本では下記となっています。
WHOガイドライン: 60~80 v/v%

日本薬局方(局方): 76.9~81.4 v/v%

WHOと日本では定めている効果は異なりますが、厚生労働省からは70%以上を推奨しています。
70%以下で効果がないとは言えませんが、消毒・除菌用品を購入するときは注意しましょう。

また、濃度が高いほど手荒れもしやすくなっているので、ハンドクリームでのケアはしていきましょう。

まとめ


コロナに対する消毒・除菌といっても、用途によっていろいろな種類があります。
また、効果の有無も異なるので、正しい知識を付けることが大切です。

飲み会に関わらず、友達との食事の時もエチケットとして消毒・除菌用品を持ち歩きましょう。

食事にかけるアルコール消毒!?飲み会で役立つコロナ対策と気遣い
でもアルコール消毒に関して記載しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事