カウボーイ、辺境の荒野にて 〜巡り逢うミルクとバーボン〜

乾いた風、砂埃
テンガロンハットを深く被った流浪人

訪れたのは荒野にたたずむ一軒の酒場
スイング・ドアの軋む音
周囲からの冷たい視線

カウンターへと向かう一人の男
流浪人「マスター、ミルクをひとつ貰おうか」

どよめく店内、嘲笑が響く
荒くれ者「ハッハー、聞いたか、ミルクだとよ」
荒くれ者「見ない顔だな?ここはガキのくるところじゃねえ!!!」

周囲には目もくれずバーテンダーから差し出されたミルクを受け取る流浪人
荒くれ者「おい、聞いてんのか?」
流浪人「騒々しい野郎だ、カルシウムが足りていないんじゃないか?」

手元にあったミルクを荒くれ者のグラスに注ぎ込む流浪人。
荒くれ者が飲んでいたバーボンウイスキーとミルクが混ざり合う。

荒くれ者「貴様、俺の酒になにしやがる!?」
流浪人「いいから飲んでみろ」
荒くれ者「ふざけやがって…」

悪態を吐きつつ、手元のグラスに注がれたモノに口をつける荒くれ者
荒くれ者「こいつは…!?」

 

ウイスキーと牛乳の組み合わせ「カウボーイ」の作り方



「カウボーイ」とは、ウイスキーと牛乳を混ぜたカクテルのこと。
ウイスキーとミルクの相性は良く、砂糖を加えることで口当たりも優しくまろやかになります。

なかでも牛乳との味わいが調和する、バーボンウイスキーがオススメ。
豊潤な香りのウイスキーと牛乳を合わせることで、まろやかさや濃厚さが引き立ちます。

そんなカウボーイの作り方はとても簡単

  1. ウイスキーを注ぐ
  2. 牛乳をウイスキーの1.5倍〜2倍注ぐ
  3. 軽くステア(※)する
  4. お好みでシロップなどを入れる

※ステア…材料を冷やし混ぜること

これだけ。
どの家庭でも簡単に作ることができるのでオススメです。

 

「カウボーイ」の由来


カクテル「カウボーイ」の由来は、
「ウイスキー・ミルクパンチ(Whisky Milk Punch)」というカクテルからだと言われ、
アメリカでは古くから親しまれてきました。

厳密にはアメリカンウイスキー(バーボン)を使った物のみを「カウボーイ」と呼び、
スコッチウイスキーを使った場合は「ウイスキー・パンチ」と呼ばれます。

名前の由来も、
アメリカ生まれのバーボンウイスキーがベースに使われているため、
西部開拓時代の牛飼いにちなんで名付けられたと言われています。

 

終わりに


荒くれ者「なんて口当たりが良いんだ!?」
客A「優しい味…、お酒が苦手な私でもどんどんいけちゃうわ!」
客B「ウイスキーがミルクの香りと甘みを引き立たせている!」
客C「これがマリアージュですか?(※)」
※関連記事 
お酒に詳しくなれる大人の教科書(ワインと料理の『マリアージュ』について)

こうして、ミルクの一大旋風を引き起こした流浪人。
もはや誰も、彼を「ガキ」と罵る者はいなくなった。

お酒との相性があまり良くないと思われがちな飲み物「ミルク」。
しかし、本当はあらゆるお酒との相性が抜群な割り材でもあったのだ。

お酒の新たな可能性の開拓と、オススメの飲み方を伝えるべく
流浪人は静かにその場を発った。

いかがでしたか?

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事