「おうち外食」をチャンスに!選ばれる飲食店が大切にしていること

こんにちは!
飲食店の未来を創造する情報をお届けする「UTAGE(うたげ)」です。

馴染みのお店で仕事帰りの一杯、テレビやネットで話題のお店を新規開拓。すっかり日常を取り戻し、飲食店が賑わっている光景を見ると、何だか嬉しい気持ちになります。

そんな中、新しい生活様式が浸透するにつれて、あえてご自宅で食事を楽しむ方も増えているとも感じます。
自炊が習慣化したり、日常的に飲食店のテイクアウトを活用したりと、お客様の食事に対する選択肢は確実に増えています。
また、緊急事態宣言発令後、たくさんの飲食店がテイクアウトやフードデリバリーを始めましたが、これからはより競争が激しくなると言われています。

今、おうちごはんと外食との融合「おうち外食」がトレンドとなっています。
これからの時代は、来店を待つだけでなく、飲食店側からお客様に積極的に情報を発信していくことが大事かと思います。

そこで今回は、いち早くこの流れを察知しビジネスチャンスを掴んだ事例を紹介し、お客様に選ばれる飲食店になる為にはどうすればよいか、考えてみたいと思います。

 

「おうち外食」とは



おうち外食とは、人気店のメニューを再現したり、ビュッフェ形式にしたりして、自宅にいながら外食気分を楽しむ手法の事です。
特に自粛期間中は、多くの方が自宅での時間を充実させるために、おうち外食を楽しんでいました。代表的な楽しみ方を紹介します。

飲食店のメニューを再現する

好きなお店のメニューを自宅で再現して、”〇〇屋さん風”といったように楽しむ方法です。
自分で作れば好きな味付けに変えられるし、好きなだけ食べられるのが嬉しいですよね。
気になる方は、レシピ検索サイト『クックパッド』で好きなお店の名前を検索してみてください。眺めているだけでも楽しいです。

ビュッフェ形式で食事をする

好きな料理を好きなだけ食べられる、ビュッフェ形式のレストランでの食事は、何だかとてもワクワクしますよね。自宅での食事をビュッフェ形式にするのも、おうち外食の楽しみ方の一つです。
やり方は、簡単なおかずをいくつか用意して様々なお皿に盛るだけです。新型コロナウイルスの影響で、ビュッフェ形式の提供を中止している飲食店も多いので、自宅で楽しんでいる人が増えているようです。

飲食店のテイクアウトを楽しむ

お店の味を自宅で楽しめるテイクアウトを楽しむ人が増えています。『出前館』や『Uber Eats』といったフードデリバリーサービスを活用するのも一般的になってきました。この流れは今後ますます加速し、テイクアウトでも選ばれるお店になる事が大切だと思います。

 

「おうち外食」をビジネスチャンスに変えた事例


ここまで、おうち外食について紹介してきました。ここからは、自宅で食事を楽しむお客様のニーズを汲み取り、おうち外食をビジネスチャンスに変えた事例をお伝えします。

SNSでレシピを大公開

東京・渋谷のイタリアンダイニング『ura庭8528(ウラニワハコニワ)では人気メニューの生パスタのテイクアウトと物販を始めました。
このお店の特徴はSNSを活用したコミュニティを作っている点です。
販売しているのは調理前の生パスタのみで、商品にQRコードが付いてきます。これを読み取ると、「8528パスタ愛好会」というフェイスブックの限定公開グループに参加でき、カルボナーラなどお店で提供している料理のレシピと作り方を説明する動画を視聴することができるという仕組みです。
飲食店の命とも言えるレシピを公開するというのは、とても思い切った施策だと思いますが、お店への愛着が湧きますし、コミュニティに参加している人との交流など、多くの付加価値をお客様に提供できる良い事例だと感じました。

テイクアウトでのひと手間で差別化を図る

京都府木津川市のイタリア料理店『リストランテナカモト』は、オーナーシェフが本気でつくったというラーメンをテイクアウトメニューとして売り出しました。
他の飲食店が持ち帰ってすぐ食べられる利便性をアピールする中、同店はひと手間加えて差別化を図っています。麺、具材、スープ、オイルなどが別々の袋に分かれており、同封されているレシピ通りに調理することで美味しいラーメンが食べられます。
実際に購入したお客様の評判も上々で、全国向けに始めたお取り寄せ通販も好調との事です。テイクアウトでも拘りを持って商品開発をすることで、新たな看板メニューにできるという好事例だと思います。

 

「おうち外食」をチャンスに変えるためには


ここまで、おうち外食を新たなビジネスチャンスに変えた事例を紹介しました。
『ura庭8528(ウラニワハコニワ)』、『リストランテナカモト』に共通するのは、商品を通じたコミュニケーションを大切にしていることだと思います。
多くのお店がテイクアウトやフードデリバリーに乗り出すなか、なぜこのお店で買うのかをお客様に訴えていくことが大切です。
パスタ好きが集まるコミュニティに入れることや、人気メニューのレシピを知る事ができること、テイクアウト限定のメニューが食べられることなど、どれだけ付加価値を与える事ができるかが、これからの飲食店に求められることだと考えます。

新しい生活様式が浸透していくにつれ、ますます常識が変わっていきます。変化をチャンスに変える為に、今回ご紹介した事例を参考にして、お店の魅力をどんどん発信していただきたいと思います。

これからも「UTAGE」では飲食店様の売り上げ、利益アップに貢献する情報を発信していきます。

関連記事