食材ロス改善の救世主!緊急事態宣言解除後もお困りの飲食店オーナー必見の○○機

こんにちは!
飲食店の未来を創造する情報をお届けする「UTAGE(うたげ)」です。
今回は飲食業界を救うコロナ緊急事態宣言解除後の救世主をご紹介します。 

さて、緊急事態宣言も解除され、出かける人が増えて飲食店も活気づくことが期待されていました。
しかし、実際のところは元通りになる事はなく、空席が目立つお店も多いようですね。

 

緊急事態宣言解除後も外食する人は増えない


引用:写真AC

「緊急事態宣言解除後の食生活の意識変化」という調査結果では、
緊急事態宣言が解除された今も、お店に来る人が少ない理由が記載されていました。

緊急事態宣言解除後の外食頻度は減るが46%。
頻度が少し減る24%を合わせると、半数を大きく超える70%の人がコロナ感染を恐れて、外食することに抵抗を感じているようです。

株式会社GEEK WORKSによる「緊急事態宣言解除に向けた食生活の変化」〈調査対象:全国の10代~60代以上の男女/回答数:1,010名/調査期間:2020年5月15日(金)~18日(月)〉より引用

実に7割もの人が外食を控えるようで、価値観が元に戻るには、まだまだ時間がかかりそうです。

 

これからは自宅でも”外食”を楽しむ時代へ


外食を控えて自宅で食事をする人が増えている中、お子様がいる家庭では、一度にたくさん作れて、簡単で美味しいという理由から「焼きそば」の頻度が増えたようです。
他にも「お好み焼き」や「たこ焼き」といった”粉もの類”は人気が高いらしく、私がスーパーに行ったときは焼きそば麺や小麦粉が売り切れ状態でした。

また、簡単に注文できるデリバリーを利用する人も多かったのではないでしょうか?

しかし、これらの料理はお手軽ではあるものの、やはり栄養バランスの偏りが心配されるところ。
自宅待機で運動量も減った中、炭水化物の塊のようなメニューばかりになって、”自粛太り”という言葉も生まれてしまいました。

やはり簡単な自炊や、デリバリーサービスでは
食事のバラエティにも栄養バランスにも限界がありました。

今は、外食で済ませていた美味しくて栄養もあるサラダやフルーツなど、様々な料理を気軽に食べたい。

そんな理由からも、フードデリバリーサービスであるUber Eats(ウーバーイーツ)やDiDi Food(ディディフード)が流行っていますね。

こちらのメリットは、お店クオリティの料理を自宅で食べれるということ。
アプリでオーダーしてから届くまでが、30分程度が相場です。

 

飲食店オーナー必見の「急速冷凍機」を使ってみよう!


しかしながら、Uber EatsやDiDi Foodの利用対象エリアは一部の地域に限定されているのが現状です。
エリア外の飲食店ではお昼のランチ営業を始めたり、宅配弁当サービスを始めるなど様々の工夫をしつつも、食材ロスのリスクを抱えているお店も多いのではないでしょうか?

そこでご紹介したいのが、急速冷凍機
急速冷凍をすることで下記のメリットを得ることができます。

  • 遠方にも作り立ての美味しさをそのままに料理を届けられる
  • 客足減により発生した食材の在庫も長期間保存できる
  • 昼前に集中していた仕込み作業の負担を改善し、人件費削減・多様なメニューに対応できる

おわりに


コロナ緊急事態宣言解除後も外食を控え、自宅で自炊やデリバリーサービスを活用する方々が多い中で、
栄養があって美味しい食事を楽しみたいという需要は大きいです。
急速冷凍機を活用し、食材ロスを改善しつつ、各家庭の食卓に飲食店の作り立ての美味しい料理をご提供してはいかがでしょうか?

これからもUTAGEでは飲食店様の売り上げ、利益アップに貢献する情報を発信していきます。

関連記事