お酒に詳しくなれる大人の教科書(ワインと料理の『マリアージュ』について)

ワインと料理の『4つのマリアージュ』について


ワインは、単体で飲んでも美味しくいただけるのですが、
料理と合わせることで、そこに新しい味わいが生まれます。

ワインと料理の相性のことを、『マリアージュ』といいます。
マリアージュ(Mariage)とは、フランス語で「結婚」を意味します。

結婚とはよく言ったもので、
ワインも組み合わせ(パートナー)となる料理によって、
いろいろな側面を見せてくれます。

今回は、ワインと料理の双方を引き立たせるための、
以下の4つのマリアージュについて、紹介していきます。

 ① 味わいの要素から組み合わせる
 ② 味の強さから組み合わせる
 ③ 見た目の色から組み合わせる
 ④ 歴史・文化から組み合わせる

参照:<http://bimikyushin.com/chapter_8/ref_08/wine.html>

味わいの要素から組み合わせる


味わいの要素によるマリアージュとしては、
似た要素から合わせる『同調』のマリアージュ
相反する要素をあえて合わせる『対比』のマリアージュ
ワインで口をリフレッシュさせる『洗い流し』のマリアージュがあります。

『同調』のマリアージュは、同じ香りや同じ風味を持つ料理を合わせて、
その味わいを強化することで美味しさを増減させます。

【例:『同調』のマリアージュ】
 ほろ苦いワイン+山菜や秋刀魚(ほろ苦&ほろ苦)
 爽やかなワイン+グリーンアスパラガス(爽やか&爽やか)

『対比』のマリアージュは、反対の特性を持つ料理とワインを合わせ、
大きなコントラストを生み出すことで、一回り大きな味わいを感じさせます。

【例:『対比』のマリアージュ】
 コクのある甘いワイン+青カビチーズ(コクのある甘さ&塩味とクセ)
 まろやかなワイン+エスニック料理(まろやかなコク&ピリ辛)

『洗い流し』のマリアージュは、
口に残った料理の後味を、ワインによってリフレッシュさせることで、
料理の美味しさを、常に引き立たせることができます。

【例:『洗い流し』のマリアージュ】
 スパークリングワイン(泡)+揚げ物(油)
 渋い赤ワイン(タンニン)+霜降り肉(脂)

これらが味わいの要素によるマリアージュとして挙げられます。


味の強さによるマリアージュ


ワインと料理も、味わいの強さが合っていないと、
たとえ、味の要素が合っていたとしても
濃厚な味わいを持つ方が、淡白な味わいを持つ方を消してしまいます。

よく「肉には赤ワイン」「魚には白ワイン」と言われ、
これも味の強さから合わせるマリアージュの特徴といえますが

お肉でも、鶏肉などのあっさりしたお肉は白ワイン
魚でも、脂の乗ったものや、赤身であれば赤ワイン

の方が美味しく感じることもありますよ。


見た目の色から組み合わせる


比較的シンプル、かつわかりやすい合わせ方です。
料理を見た時の色のイメージでワインを合わせる
というもので、例としては

 ・白や緑色の料理には、爽やかな白ワイン
 ・濃いめの白や黄色の料理には、コクのある白ワイン
 ・ピンクや赤の料理には、フルーティーな赤ワイン
 ・紫や茶色の料理には、重めの赤ワイン

を組み合わせることをいいます。
簡単ですが、効果的な方法です。

歴史・文化から組み合わせる


世界各地にて、それぞれワインが作られていますが、
その土地の料理には、その土地のワインが一番合う。

長年その土地の人々によって愛されてきた相性は、
やはり有無を言わせない説得力を感じます。
ワインも料理も、その土地の風土を映すもの。
安心感のある組み合わせです。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、ワインと料理の双方を引き立たせるための、
4つのマリアージュについて、紹介しました。

 ① 味わいの要素から組み合わせる
 ② 味の強さから組み合わせる
 ③ 見た目の色から組み合わせる
 ④ 歴史・文化から組み合わせる

もし、ワインを飲む機会があれば、
料理とワインの両方をより引き立たせる組み合わせで
選んでみてはいかがでしょうか?

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事