• HOME
  • BLOG
  • 合コン
  • 【女子力向上委員会4】合コンでモテるために今こそ自分磨きをしてみませんか?

【女子力向上委員会4】合コンでモテるために今こそ自分磨きをしてみませんか?

外出自粛を受け、おうち時間で自分磨きをしていけたらということでシリーズ化してきた【女子力向上委員会4】。

今まで3回に分けて、”これをやったらモテモテ女子になれる5つのポイント”を挙げました。

・料理上手
・裁縫などの細かい作業ができる
・身だしなみが整っている
・健康志向で体型の維持のための努力をしている
・内面磨きを行っている

前回はモテモテ女子になるポイントの3つ目「身だしなみ」を深堀りしましたが、今回は、4つ目の『健康維持』について、深掘りしていきましょう。

 

【身体を整えて健康な身体になろう☆】

Bathroom countertop with shampoo, conditioner and towels

運動することは、女性らしいしなやかな身体つくりをするだけでなく、代謝を上げることにもつながります。
しかしながら、健康な身体というのは、運動だけでは作れません。
運動と合わせて、食べ物を変えることや腸内環境や女性ホルモンを調整していくことも大切です。

今回はそんな身体の調子を整えるために女性がやっておきたいことを挙げていきます。

1.夜更かしはキケン!

夜更かしはお肌の大敵です。
夜更かしをした次の日には目のクマ、肌の調子が悪くファンデーションが上手くのらない、、、なんて経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

睡眠は健康を保つだけではなく、美容にも効果があります。
お肌がきれいになるゴールデンタイムは、
成長ホルモンが活発になる
夜10時から深夜2時頃と言われています。
その時間にはゆったりとした時間を過ごした方よいでしょう。

 

自分を甘やかして不規則な生活をしている人は注意しましょう。

 

2.ストレスは抱えすぎ注意!

ストレスを抱えすぎたり、不規則な生活で体を壊していませんか?
自分の心と体をいたわってあげられるのは自分だけです。
リラックスできる時間をつくって自分をいたわることで、女子力アップにつながります。

例えば、、
お風呂では湯船に浸かって気分をリフレッシュ!
美容クリームを使ったスキンケアや体のマッサージ!
今日あったうれしいことをノートに書く!

寝る前の時間に自分へのご褒美時間を作ってあげましょう。

3.腸内環境を整えよ!

腸内環境が不安定になると、便秘や下痢に加え、肌アレやむくみ、生理痛などのプチ不調につながります。

最近はやりの腸活、まずはこちらをやってみてはいかがでしょうか?

・朝起きらたコップ1杯の白湯を飲む

 コップ1杯の白湯を飲むことで、体を温めながらデトックスできます。習慣化するとお通じもよくなります。

・フルーツは皮ごと食べる

フルーツの皮はデトックスに必要な食物繊維が多く取れるのでおすすめです。

・腸活ストレッチをしてみる

腸を活発に動かす呼吸法を『腸活ストレッチ』と言います。
まずお腹周りに空気をためるようなイメージで息を吸います。
息を吸うと同時にお腹を膨らませて、膨らませたら息をすべて吐ききります。
そして、吐くと同時にお腹を引っ込めます。

この動作をテンポよくスムーズに10回繰り返すことで、腸が活発に動いてきます。

4.食べ物で女性ホルモンアップ!

女性ホルモンを増やすような特別な食事は存在しません。
しかし、バランスの悪い食生活は女性ホルモンにも良くありません。

肉や魚、大豆のたんぱく質、野菜、炭水化物、少量で良質な油をバランスよく摂るよう心がけましょう。

特に良いとされるのは、納豆や糠漬けなどの発酵食品、ネギ、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、
食物繊維などの腸内環境を整えてくれるものです。
食生活を和食中心にしてみることもオススメです。

以上が身体の調子を整えるためにやっておきたいことでした。
ここに挙げたものは、筆者なりにピックアップしてきたもので、まだまだ健康になるために必要なことはたくさんあります。

健康な身体は一朝一夕でつくられるものではありません。
日頃から気を付けていかないと、目に見えた効果が現れるものではないと思います。

最後に

コロナ感染も、今はだいぶ落ち着いてきましたが、
気の緩みからくる第2波があるかもしれないことも念頭に置いた方がいいと、筆者は考えています。
そういう意味でも、この自粛の期間に一緒に習慣化していきましょう。

とはいっても、ちょっぴり自分を甘やかしながら、
『そんなときもある』と心に余裕をもって過ごすことも大切です♪
しなければならないではなく、自分の心が楽しくなるように工夫しながら実践してみましょう。

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を広げる情報をお届けします。

関連記事