• HOME
  • BLOG
  • 参加側
  • 緊急事態宣言どうなるか?家での過ごし方をいろいろ工夫してみた

緊急事態宣言どうなるか?家での過ごし方をいろいろ工夫してみた

緊急事態宣言が延長されてから、その今後の動向にみんなが敏感になっている今日この頃。

解除されたところもありますが、だからと言って、今すぐ以前と同じ生活に元通りにするのではなく、しばらくは細く長くコロナとお付き合いしていく認識でいた方が良いかもしれません。

そのため、家での過ごし方について、まだまだ考えて楽しむ工夫が必要になってくると考えましたので、UTAGEで紹介させていただいた内容も踏まえ、実際に筆者が工夫してみたり、聞いたことを紹介していきます!

まずは定番になってきたオンライン飲み会について


自粛という言葉がだいぶ馴染んできた今日この頃ですが、合わせてオンライン飲み会という言葉もだいぶ馴染んできたのではないでしょうか?

オンライン飲み会は、こちらでも紹介させていただいてますが、いろんなアプリを使って、パソコンやスマホで繋いで楽しむものです。
オンライン飲み会に使えるアプリを比較してみた!

自宅で楽しめる定番とも言えるでしょう。
楽しみ方もいろいろ工夫ができます。

①背景を面白いものにする

背景を映らないようにするものですが、この機能を使って、自分そっくりの有名人を映してみたり、まるで海外にいるようにしてみたり、背景だけで盛り上がることもあります。
なお、筆者の背景は、自分の顔が有名人に推移するアプリの写真を使用しており、「(太ってる時の)レオナルド・ディカプリオ」に似てると、初めて会う人の第一印象にはよく残るようです(笑)

②普段とは違う化粧を楽しむ

すっぴんでも大丈夫!アプリの機能を使って、化粧されてる状態で参加可能です。
また、普段とは違う化粧をして、新しい自分を発見したり、なんとこの機能を使ってアドバイザーをされてる方もいました。

③趣味全開で心ゆくまで語り合う

外では隠しているような趣味も、共通の仲間かつ室内同士となると、秘密の会話も楽しむことが可能です。至福の時間でした!
ちなみに、筆者はガンダムの話題で3時間もの間しゃべりっぱなしで、流石にこの時ばかりはやり過ぎたと反省しました(笑)

④オンラインではないゲームをオンラインで楽しむ

発想が面白いと感じた話です。ゲーム友達と繋いで、お菓子を食べながら。お互いのプレイ動画を見せあったり、攻略方法を教えたりするそうです。

⑤主婦同士でのコミュニケーション

お聞きした話になりますが、結婚するとどうしても友達と会う機会が減ってしまいがちですが、オンラインなら家事をしながら、子供も巻き込んで会話が可能だそうで、新しい発見があったそうです。

⑥1対1

意外とオススメなのがこの1対1で繋ぐことです。直接会った時とは違い、一定の距離感で話せる上に、周りを気にせず話が可能なため、他愛ない話だけなく、情報交換をしたり、深い話や大切な話もしやすかったです。

⑦デート

上記の1対1の延長のようなものになりますが、会うとついつい話をするよりイチャイチャしがちなところ、オンラインであれば会話を楽しむことができます。
コロナに対する価値観や行動倫理、家族や友人との関わりなど、普段はなかなか知る機会が少ないことも知ることができます。
また、大切な人だからこそ、万が一の感染リスクを考えて、会わない選択をされているカップルもたくさんいると思います。そういう思いやりも、話してみて初めてわかるというものです。

オンライン飲み会という名前ではありますが、オンラインで繋いで楽しむ方法はまだまだたくさんあります。
皆さんもいろいろ工夫して、アナタだけの楽しみ方を見つけてみてください!


家での過ごし方と言えば!?


オンラインで誰かと繋がるのも良いですが、家での過ごし方と言えば、大半は自分一人だけかと思います。
自分一人でもいろんな工夫ができます。コツは、今までやらなかったことを試してみることです。

①掃除

一番最初に取り組むと良いと思います。部屋の状態はアナタの心の状態と同じであると言われています。
見えてる範囲だけではなく、押入れの中や、冷蔵庫の中、棚やタンスの中など、見えないところまで徹底的に掃除をしてみてください。ビックリするぐらい心穏やかに、メンタルが安定します。

②自炊

今までは敬遠してたけど、家で過ごす必要があり、外食もできないため、自粛を機会にして自炊を始めた方もいて、意外と楽しいと感じる方も多いようです。
今まで自炊をしてた筆者も、焼き豚や漬物、仕込み料理など、時間のかかるちょっとこだわりの料理を試してみました。美味しい料理を自分で作られるようになると、お金の節約にもなり、一石二鳥の気分を味わえました。

③読書

普段から読まない方は、まずは自分の趣味や好きなものに関する本を読んでみると良いです。
普段から読まれてる方は、いつも読んでいる分野とは異なる分野のものを読んでみるのも良いです。
筆者はある物事に関する賛成と反対の意見両方を読むようにしています。物事を多角的に見ることができるようになるため、それだけ視野が広がるからです。

④映画

撮りためたドラマを観るのも良いですが、感性を磨いたり、自分が燃えるシチュエーションなどが発見できたりするため、いろんな分野を観るのも良いです。オンライン飲み会での話題作りにもなりますね。
また、自粛で外出が減り、家にいることが多くなると、良くも悪くも人との関わりが減ります。それにより感情の起伏が普段より少なくなる可能性があります。このことから感情を取り戻す意味でも、映画を観て感性に刺激を与えることはオススメです。

⑤筋トレ&ストレッチ

これは男性にとっても女性にとっても良いことばかりです。デスクワーク中心の方は足や腰回りの筋肉を鍛えておくと、劇的に身体のパフォーマンスが向上します。デスクワークに戻っても疲れにくい身体を作れるでしょう。ストレッチも硬くなった身体をほぐすのに最適です。
特別な器具がなくてもできる方法はたくさんあるため、ぜひやってみてください。

⑥自分磨き

筋トレもその一つですが、服装や髪型、考え方など、自分磨きは多岐に渡ります。自分を見つめ直すために、紙に書き出してみるのも良いです。
女性の方はこちらを読んでみてください  →  【女子力向上委員会】の連載記事へ

家での過ごし方を工夫することで、まだまだ楽しめることはたくさんあります。工夫することさえ楽しんで、コロナに負けない自分になりましょう!


習慣作りのススメ♪


最後の工夫は、習慣作りです。
基本的に家にいるという状態は、習慣が身につきやすい状態とも言えます。
今のうちに良い習慣を身につければ、いざ以前の生活に戻っても、習慣がアナタをフォローしてくれます。
早寝早起き、読書や筋トレ、掃除など、時間を決めてやるようにしておくと、身体はどんどん適応していきます。特に早起きを習慣にすると、一日でできることが格段に増えるためオススメです。

注意としては、悪習慣も身につきやすいということです。
しっかりと考えて、良い習慣を身につけてみてください。


まとめ


いかがでしたでしょうか?
家での過ごし方は、工夫次第でいくらでも楽しむことができます。一人では難しくても、家族や友人と一緒に習慣作りするのも良いかもしれません。

緊急事態宣言が解除されたところもありますが、まだまだコロナについて楽観視するのは早いと考えた方が良いでしょう。
ぜひ一緒に工夫しながら乗り越えていきましょう!

次回もお楽しみに♪

 

「ユカリスタ」初めての方にも役立つ、幹事の可能性を拡げる情報をお届けします。

関連記事